季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

ひな祭りの意味や由来は?食べ物・歌詞・ひな人形について

3月になると街中は桃の節句でにぎわいます。

 

お花屋さんには桃の花が飾られ、スーパーなどでは菱餅やひなあられなどが並べられています。もちろん各ご家庭ではひな人形を飾られていることでしょう。

 

ではなぜこれらのものが桃の節句に飾られるようになったのか、ひな祭りの由来を含めてひな人形のことや歌にまつわることなど、いろいろな点からお話して行きたいと思います。

 

・ひな祭りの意味や由来は?
・ひな祭りの食べ物の意味や由来は?
・ひな祭りの歌詞の意味や由来は?
・ひな祭りのひな人形の意味や由来は?

 

Sponsored Link

ひな祭りの意味や由来は?

庭園

 

ひな祭りの始まり

由来についてまず始まりを知りたいと思います。これには複数の説がありますがどれも中国が起源とされているようです。

 

日本には平安時代に入ってきて、天皇の穢れをはらう儀式として始まったとのことです。

 

儀式には「曲水の宴」を行ったり、人形を自分の体に触れさせることで穢れをうつして、川に流す儀式が行われたりしました。現在では流し雛といわれているもののもとになることですね。

 

このように、もともとひな祭りは人形を川や海に流す別れの儀式でした。こうすることで邪気を払い、身を清めようとしていたのです。

ちなみに「曲水の宴」とは庭にある水の流れのある川の傍に座って、お酒を注いだ盃を流します。それを下流側にそれぞれ座っていて、自分の前を盃が通り過ぎる前に詩や歌を詠み、盃の中に注がれているお酒を飲んで、次のひとに流すという風習がありました。

一つの貴族の遊びというか嗜みの宴ですね。

 

五節句の一つ

その後室町時代になって武家社会でも行われるようになり、このころから男子の節句、女子の節句という形が少しづつ作られていき江戸時代の初期になってから五節句というのができたようです。

 

五節句とは次の通りです。

人日の節句(じんじつのせっく) 1月7日 七草がゆを食べて一年の、無病息災を願う
上巳の節句(じょうしのせっく) 3月3日 桃の節句とも言います
端午の節句(たんごのせっく) 5月5日 菖蒲の節句とも言います
七夕の節句(たなばたのせっく) 7月7日  
重陽の節句(ちょうようのせっく) 9月9日 菊に長寿を祈る日です。

 

現在のひな祭りの意味は?

「女の子の健やかな成長や幸せを願う」というようになりました。

 

ひな祭りの食べ物の意味や由来は?

さてひな祭りの由来を知りましたので、今度はそのひな祭りを行うために縁起の良い食べ物が用意されました。それらのことについて調べてみましよう。

 

菱餅

菱餅 イラスト

 

菱餅は桃色、白、緑のきれいな三色が重なっています。やはりこの菱餅も昔中国から伝わってきた風習の1つで、上巳の節の時身を清めるのと一緒に食べられていたのが、母子草(ははこぐさ)で作られた餅の団子ということです。

 

江戸時代になると菱の実を入れた白い餅が増え明治になってから桃色が増えて今の三色となりました。

 

この色にはそれぞれ意味があります。

・桃色:桃の花を表し、魔よけの意味を持ちます。

・白:清浄の意味を持ちます

・緑:健康や長寿を願い、また草木が芽吹く大地を表しています。

また菱形の形にも意味があり「心臓」のことを言っているそうです。これらのことから無病息災で健康に過ごせますようにという願いが込められているのです。(地方によっては三角形のところもあるようです)

 

ひなあられ

ひなあられ イラスト

 

始まりは「ひなの国見せ」という行事に持って行ったおやつが、ひなあられということのようです。

 

現在では関東のほうでは米を穀類膨張機という製造機でつくられるポンポン菓子で砂糖を絡めた作り方をするようで、関西のほうでは醤油や塩で味付けされたひなあられが主流だそうです。もともと菱餅を砕いて作ったのが関西からともいわれています。

 

ちなみにひなあられには、もう一色「黄色」が入っており「一年中娘が健康に過ごせることができますように」との願いが込められているようです。

 

白酒

お酒 イラスト

 

白酒と甘酒を同じように考えていらっしゃる方も多いと思います。子供が飲むものですからアルコールなんて出ないと思うのも当たり前です。ですが白酒と甘酒は全く別な物です。

甘酒には米麹と酒粕と作り方が2種類あって米麹で作るのはアルコールが全く入っていません。ですがひな祭りで出る白酒はみりんや焼酎などで蒸したもち米や米こうじを使って、1ヶ月程熟成させてすりつぶして造った酒のことをいうそうです。

見た目は甘酒のように白く濁り粘りと甘みがありますが、アルコール分は9%前後、糖質が45%程度含まれていて、酒税法の分類ではリキュール類に該当するそうです。

 

このようにアルコールは入っていますが、なぜ桃の節句にこの白酒が出るかといいますと、もともと桃の花を漬けた「桃花酒」というお酒を飲んでいたようです。桃は邪気を祓って長寿を念じる縁起のあるものだからという話があります。

 

ハマグリのお吸い物

ハマグリ お吸い物

 

ハマグリでの遊びで「貝合わせ」というのをご存知ですか?テレビの時代劇などで高貴な身分の女性の方が遊んでいるところを見かけます。今でいうところの神経衰弱ですね。

 

ハマグリの合わせのところが一対になっていて、ほかの物とは絶対に合うことがないのです。このことから「将来よき伴侶に恵まれて一生を添い遂げられるように」と願いを込められたものからハマグリのお吸い物が出されるようになりました。

 

ちなみに「貝合わせ」の道具は嫁入る道具の一つにもなっていたのですよ。

 

ちらし寿司

ちらし寿司 イラスト

 

こちらはお祝い事には必ずちらし寿司がふるまわれます。中に入っている具材一つ一つにも意味があります。

 

・海老:腰が曲がるまで長生きができますように。

・豆:まめに働けますように

・レンコン:穴が開いているところから先の見通しが良いように。

・菜の花:春が訪れていますよ。

 


Sponsored Link

ひな祭りの歌詞の意味や由来は?

桃の花 絵

 

ひな祭りの歌というとサトウハチロー作詞の「嬉しいひな祭り」を思い出すことでしょう。その他にもひな祭りの歌があることをご存知ですか。「うれしいひな祭り」もいれて参考までに3曲動画で聞いてみて下さいね。

 

・嬉しいひな祭り

 

・ひなまつり

 

・ひなまつり

 

いかがでしたか?耳にされたこともあったことと思います。

「嬉しいひな祭り」の歌詞についてはいろいろなところで聞き及んでいることと思います。

 

娘さんのお雛祭りの前後に作られた曲とか、2番目の歌詞から嫁ぎ先が決まったお姉さまが亡くなったので、レクイエムではないかなどなど話は尽きません。

 

しかし本人はこのことには触れていないようなので、本当のところはわかりません。ですがもう古くから歌われ続けてきた曲です。歌いつがれていくほど大事にされているということですね。

 

ひな祭りのひな人形の意味や由来は?

ひな祭りといえばひな人形に一番関心があることでしょう。子供たち同士でも「自分だけのひな人形」の自慢は尽きません。ではひな人形はどのようにして始まったのでしょうか。

 

人型の人形

子供の死亡率が高かった昔、少しでも子供が健やかに成長するように、また何か病気をした時、治るようにと人型の人形を用意してそれに悪いものを移して子供を助けるという陰陽道による身代わりから始まりました。

 

その当時はただの人型の白い紙だけだったり、子供を模したものだったりとまだ簡単な作りの物でした。

 

流し雛

このころになると子供の姿をして着物を着たものが出てきました。災いを移しそれを川に流していくのです。

 

立ち雛

雛人形 絵

 

室町時代から江戸初期までは立ち雛が主流となりました。このころから男女一対のお内裏様の原型が出来上がったといわれています。

 

座り雛

雛人形 お内裏様 お雛様

 

江戸時代初期以降に今と同じようなひな人形となりました。このころは大きさや豪華さを競うようになって最後には幕府によって大きさの制限を設けられることになってしまうほどだったそうです。

 

しかし江戸時代の人は制限を設けられた事によって、小さくても豪華なものなどを作るようになっていったそうです。

 

また庶民向けのひな人形も作られるようになってきたのもこの頃だといわれています。それに伴い女の子の節句が出来上がっていったようですね。

 

ひな祭りは親の愛情いっぱいの節句です。

はまぐり 貝合せ

 

【関連記事】

ひな祭り食べ物の意味と由来!ちらし寿司やはまぐりは縁起良い?

ひな祭りの菱餅の飾り方と由来。色の意味や順番は?食べ方は?

ひな人形を飾る時期や場所の方角は?上手な飾り方や片付け方

初節句で女の子へのお祝いの料理や金額は?お返しの品物は?

桃の節句の意味と由来。食べ物や飾りは?英語で言うと?

 

ひな祭りにかかわる儀式、食べるもの、ひな祭りの歌、どれをとっても愛しいわが娘を思い、健やかで幸せな未来を迎えてほしいという願いあふれるものばかりです。

 

今小さい女の子がひな祭りを楽しんでいますが、大きくなってわが娘を抱いた時、自分の母が願った思いをまた自分の娘に願いひな祭りを行うのでしょう。いつの世も願うのはわが子の幸せですね。