季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

冷え性改善方法!おすすめ食べ物・飲み物。ストレッチのやり方。

みなさん、(特に女性の方)冷え性でお悩みではありませんか?

かくいう私も長年冷え性で冬はとても辛く、靴下を履いて就寝するぐらいの冷え性です。

 

冷え性とは一般的に女性特有の症状との認識がありますが、男女問わず起こりうる症状です。

 

まずは冒頭に、抑えるべき冷え性の原因についてまとめます。

 

 

なぜ、女性の半数以上の割合で冷え性の症状を訴えるのか?

それは男女の筋肉の量の違いが原因とされ、筋肉は熱を作り出すため、男性よりも女性の方が筋肉の量が少ないからです。

 

また、筋肉の量により女性の体の温度が低く、貧血気味や低血圧の方、また月経の影響などで圧倒的に女性の冷え性の割合が多いのが理由とされています。

 

冷え性 女性

 

冷え性の原因は?

冷え性の原因で一番にあげられるのは【血行不良】

 

それは生活環境や、食生活、運動不足などで血行不良となり、特に手足(腰や腹部、背中)などの部位に極度の冷えを感じる状態です。

 

夏場の冷え性

冷え性は冬の症状と思われがちですが、夏場にも多く症状が見受けられます

 

(1)夏場の冷房の中での長時間の仕事や生活。

(2)汗をかいた後にちゃんと汗を拭かずに冷房で冷やされた時。

(3)暑いので冷たいものを飲みすぎて体内から冷えてしまう。

 

など、夏場にも冷え性の原因は思い当たる節が多いかと思われます。

 

今回は上記の原因などの前書きをふまえて、冷え性について、また改善方法や対処方法について詳細をお話ししたいと思います。どうぞご参照下さい。

 

Sponsored Link

冷え性の改善方法におすすめの食べ物や飲み物は?

【医食同源】という言葉をご存知ですか?

 

医食同源とは、日頃からバランスの取れた栄養価の高い食事をとることで病気を予防、改善しましょうという、もとは中国の薬食同源思想から日本で作られた造語です。

 

冷え性改善や予防にも当てはまるような言葉ですね。

 

冷え性の改善や予防方法に有効な食べ物とは?

生姜 紅茶

 

血行を促進し身体を温めてくれる効果のあるもの、が、有効とされています

 

メジャーなところでいうと、生姜、根菜類(ゴボウ、ニンジン、レンコン、さつまいも、じゃがいもなどの根の物)ですね。

 

(野菜類)ニンニク、とうがらし、玉ねぎ、にら、等。

(果物類)ゆず、りんご、栗、胡桃、ごま、落花生、等。

(肉 類) 鶏肉、カモ肉、ラム肉、等。

(魚介類)わかめ、こんぶ、ひじき、あじ、いわし、さんま、さば、うなぎ、等。

(その他)チーズ、ヨーグルト、納豆、みそ、

(飲み物)生姜湯、紅茶、ほうじ茶、ココア、ホットミルク、日本酒、等。

 

季節限定の旬の物から年中食べられるものまで多くありました。

やはり生姜や根菜類は、日頃の食生活でも取り入れやすいので便利かもしれません。

 


Sponsored Link

冷え性に効果的なストレッチの方法は?ツボ押しもおすすめ!

やはり冷え性は手足など体の末端部分から起こることが多いです。そのためストレッチ方法も、手や足に関連するものが多いようです。

 

 

ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎはむくみやすい部位です。手で包み込むように揉みほぐしたり、足踏みをしたりしてふくらはぎの筋肉を動かすようにしましょう。

 

立ち仕事の間に軽く背伸びをしたり、足踏みをしたり、ながら仕事でもできそうなストレッチ方法で血行促進に効果がありますので、是非日頃の生活に取り入れてくださいね。(これはおすすめです)

 

手、足のストレッチ

こちらは方法が似ているので一緒に紹介いたします。また、手足の指先の冷え性も多いのでこちらも普段の生活に取り入れるようにしましょうね。

 

方法は手足の指を積極的に動かすことのみ。じゃんけんをするようにグーパーグーパーを繰り返す、手首、足首をぐるぐる回したりブラブラ動かす。それだけで、凝りや血流もよくなり改善効果がでてきます

 

足の裏のツボ押し

足の裏には数多くのツボがあります。足の裏を刺激することで、全身の血行促進や内臓機能を高めてくれたりします

 

お風呂上りなど体が温まって柔らかいうちに、足の裏を揉んだり叩いたり、また普段の生活にブツブツのついた健康サンダルを履くのも冷え性改善に有効です。

 


Sponsored Link

冷え性を改善する漢方は?妊娠中でも平気?

冷え性にも種類があり、タイプによって対応する漢方薬にも違いがあります。

 

漢方薬

 

(1)血行不良による冷え症(女性に多く、一般的にメジャーな冷え性のタイプ)

有効な漢方薬は当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

・血行不良により手足が冷える。

・ストレス、ホルモンの乱れにより、自律神経失調症の症状もある場合

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、冷え性、生理不順、不妊症、更年期障害の改善など、女性には強い味方となる漢方です

 

 

(2)新陳代謝低下による冷え症

有効な漢方薬は桂枝湯(けいしとう)麻黄附子細辛(まおうぶしさいしん)

 

・背中に悪寒がして、全身が寒い。

・疲労感があり、平熱も低体温。

 

上記、二つの漢方桂枝湯(けいしとう)と麻黄附子細辛(まおうぶしさいしん)は、併用で使用することにより効果が上がります。また、軽い運動によっても改善傾向が見られます。

 

 

(3)胃腸虚弱による冷え症

有効な漢方薬は当帰芍薬散加人参(とうきしゃくやくさんかにんじん)

((1)の当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)にニンジンを加えたもの。)

 

・胃腸が弱く、おなかを下しやすい人

・暴飲暴食をする人

・ストレスによる胃腸機能の低下傾向のある人

 

(1)の血行不良による冷え症のパワーアップ版と考えたほうがよいかと思います。

 

妊娠中の漢方、薬の服用について。

妊婦

 

一般的に妊娠中の薬や漢方の服用はできるだけ避けたいところです。

ですが、妊娠中は特に冷え性になりやすいという事実もあります。

 

自己判断で服用するのはもってのほか、やはり医師に相談して適切な漢方なり薬を処方してもらうほうが安全です。

 

 

一般的に妊婦でも飲める冷え性の改善に有効な漢方は数種類あります。

 

・当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

前述でお話しした女性に万能な漢方です。

 

・補中益気湯(ホッチュウエッキトウ)

全身の冷え性に有効な漢方。

 

・加味逍遥散(カミショウヨウサン)

下半身の冷え、ストレスなどに有効な漢方。

 

いずれも市販で売っているようですが、やはり大事な命を体に宿している大切なお体です。まず、冷え性の症状が出ればかかりつけの産科医に相談して対処して、絶対に自己判断はしないでくださいね。

 

身体を冷やさない!冷え性にならないための予防方法は?

ホットジンジャー

 

【関連記事】

冷房病の頭痛対策。ダルさや吐き気の治し方。漢方、マッサージ。

抜群!生姜の美容効果と健康効能。生と加熱の効果の違いとは?

ヒートショック対策と予防!症状は?温度差のある入浴時に注意!

冬の寝汗の原因。病気?寒いのに寝汗ビッショリの理由と対策

 

日頃から冷え性改善に有効な食事を取り入れる。

ながら仕事でも構いません。手足を動かしたり軽いストレッチをしましょう。

朝、起きた時に一杯のお白湯を飲んで体を温める。

 

私個人での改善対策方法ですが、生姜入りハーブティーを毎日飲む。冬は生姜湯や、葛湯を飲む。

(私の実践対策はともかく、上記3つは有名な改善方法なので積極的に取り入れましょう。)

 

 

冷え性は国民病に近いぐらい多い症状です。

【冷えは万病の元】と言われ、対処改善しないと思わぬ病気を発症したりします。

 

軽いところで例えれば免疫機能の低下による風邪、インフルエンザなど。

また、慢性的な肩こりや頭痛、など。

 

健康的で楽しく毎日を送るためにも、普段の食生活や適度な運動を心がけて、現在冷え性に悩んでいる方も少しずつ改善していきましょうね。


Sponsored Link