季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

口唇ヘルペスの原因と症状。感染予防と早く治す方法。

口唇ヘルペスは、身近な病気です。

 

多くの人が感染していて、体質によっては、再発を繰り返すので厄介です。

 

今回は、そんな口唇ヘルペスの症状と、口唇ヘルペスを発症する原因についてです。

 

早期に対処すれば、再発しても軽症で済みますから、対処方法を知っておきましょう。

 

・口唇ヘルペスとは?原因は?
・口唇ヘルペスの症状は?全身にもできる?
・口唇ヘルペスは感染する?予防するには?
・口唇ヘルペスを早く治す方法は?おすすめの薬は?
・ヘルペスの再発をしっかり予防しよう!

 

Sponsored Link

口唇ヘルペスとは?原因は?

女性 顔 イラスト

 

口唇ヘルペスというのは、唇のまわりに小さな水疱(すいほう)ができる皮膚の病気です。

単純疱疹とも呼ばれることもあります。

口唇ヘルペスの原因は、単純ヘルペスウイルスに感染することです。

このウイルスは、非常に感染力が強く、誰でも感染する可能性があります

身近なウイルスである為に、幼少期に感染することが多いのですが、幼少期の初感染では症状が出ないことが多く、症状が出ても直ぐに治まります。

 

ですから、感染していることに気がつかないで抗体ができているということが殆どです。

 

ヘルペスウイルスは、一度感染すると、症状が出ていなくても体内に潜伏しています。

そして、体の抵抗力が落ちた時などに、唇のまわりに小さな水疱が出るなどの症状が出るのです。

 

ただ、一度感染すると、たいていは軽症ですみます

 

さて、幼少期に感染しなかった人が、大人になってから始めて感染した場合ですが、大人になってから、口唇ヘルペスウイルスに感染すると、残念ながら重症化しやすい傾向にあります

 

口唇ヘルペスの症状は?全身にもできる?

家族 はてな イラスト

 

1.発症前症状

口唇ヘルペスは、体の抵抗力が落ちた時などに、繰り返し発症します。

何度が再発している人は、発症前に口の周りの違和感で気付くかもしれません。

これが、発症前症状です。

 

2.発症期

発症前の症状が現れてから2~3時間で発症し、赤くかぶれたようになってきます。

その後2~3日して、水疱が出来ます。

 

3.回復期

水疱は次第に乾いて、かさぶたが出来て治癒に向かいます。

人にもよりますが、1~2週間で治癒するのが普通です。

 


Sponsored Link

口唇ヘルペスは感染する?予防するには?

女医 ポイント イラスト

 

口唇ヘルペスの原因ウイルスは「愛のウイルス」と比喩されることがありますが、それは、発症している人とグラスやタオルを共有したり、キスをしたりすると、うつるからです。

 

もちろん、くしゃみや咳でも感染します。

ですから、くしゃみをしたり、症状のでた部分に手などがふれた場合はすぐに手を洗いましょう

 

また、感染した人が使ったグラスやタオルは共有しないようにします。

 

とはいえ、ヘルペスウイルスは熱に弱いので、グラスやタオルは洗剤とお湯で洗えば大丈夫ですし、お風呂も一緒に入らなければ、感染することは殆どありません。

 

口唇ヘルペスを早く治す方法は?おすすめの薬は?

塗り薬 イラスト

 

口唇ヘルペスウイルスは、一度感染すると、体から完全に除去することは出来ません。

ですから、治療は、発症した時にウイルスが増えないように薬で抑える方法になります

 

抗ウイルス薬は、早い時期から使用するほど効果が高いので、水疱が出来る前に受診するのがベストです。

 

口唇ヘルペスの薬は、薬局でも手に入るので、再発を繰り返す人は、常備しておくといいでしょう。

 

おすすめの薬

口唇ヘルペスに使われるのは、抗ウイルス薬です。

皮膚科を受診すると、内服薬と塗り薬を処方されます。

内服薬の有効成分は、塩酸バラシクロビル。

塗り薬の有効成分は、アシクロビルかビダラビンです。

薬局でも口唇ヘルペス用の塗り薬(抗ウイルス剤)が手に入りますので、代表的な商品を紹介します。

・アクチビア(グラクソ・スミスクライン社)

・アラセナS(佐藤製薬)

・ヘルペシア(大正製薬)

口唇ヘルペスは、早期治療がポイントですが、塗り薬だけで治療する場合は特に急がなければなりません。

水疱が大きくなってからではあまり効果がないからです。

 

ヘルペスの再発をしっかり予防しよう!

睡眠 女性 イラスト

 

一度でも口唇ヘルペスになった人は、ウイルスが潜伏しています。

 

抵抗力が落ちた時に再発しますから、バランスのいい食事、しっかり睡眠をとる、過度にストレスを溜めないなど、健康的な生活をおくることが予防になります。

 

また、ヘルペスウイルスに感染している人は、紫外線にあたると症状が出やすいとされていますので、紫外線対策も怠らないようにしましょう。

 

口唇ヘルペスの再発時には早期治療を

女医 ガッツポーズ イラスト

 

【関連記事】
ヘルパンギーナの症状(大人・子供)と期間。手足口病との違い。
ヘルパンギーナ。子供の登園はいつから?プール感染について
手足口病の大人の症状と対処法。出勤停止期間や予防方法は?
手足口病の子供の症状と感染力。保育園の登園はいつから?
口内炎を早く治す方法!一日も早く即効性のある治し方は?

流行性角結膜炎の症状と潜伏期間は?出席や出勤停止期間は?

 

口唇ヘルペスの症状と、口唇ヘルペスを発症する原因についてでした。

 

一度感染した場合、抵抗力が低下すると再発する、厄介な病気だという事が分かりました。

 

再発した場合は、発症期に入る前の、口の周りに違和感がある状態の時に、内服薬や塗り薬を使用すると軽症ですみます。

 

薬局でも、薬は買えますから、おかしいな?と思ったら、直ぐに対処しましょう。