季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

早歩きダイエット効果!カロリーや速度は?時間やコツは?

Sponsored Link

早歩きダイエットをご存知ですか?

 

早歩きは、普通のウォーキングとは違い、ダイエット効果が得やすいとされる歩き方です。

 

今回は、そんな早歩きダイエットの効果についてです。

 

・早歩きの効果は?ダイエットや健康に効果あり?
・早歩きの速度、歩く時間や距離は?消費カロリーは?
・早歩きのコツは?すねが痛くなる原因は?
・早歩きとランニングはどっちがおすすめ?

 

Sponsored Link

早歩きの効果は?ダイエットや健康に効果あり?

ウォーキング

 

ダイエット効果

ダイエットを目的にウォーキングするなら、早歩きがおススメです。

 

歩く時のスピードが早ければ早いほど、時間あたりの消費カロリーが大きくなるからです。

同じ時間ウォーキングするなら、ぜひ、早歩きで歩きましょう。

 

また、早歩きをすると、自然と大股歩きになり、下半身の筋肉が鍛えられます。

下半身には全身の7割の筋肉があると言われています。

 

特に太ももの筋肉は大きいので、この筋肉を鍛えれば、基礎代謝がアップします。

基礎代謝を上げることで、ウォーキングをしていない時間も、消費カロリーが増えることになるので、太りにくくなります。

下半身の筋肉強化

ウォーキング 公園

 

足腰を鍛えることは、とても大事です。

早歩きは、自然に足腰の筋肉を強化できます。

 

普通に歩く時には、主に太ももやふくらはぎの筋肉を少し使うだけです。

 

でも、正しい姿勢で早歩きをすれば、太ももやふくらはぎだけでなく、脛やお尻、お腹、背中、足の指の筋肉まで、大きく使うことが出来ます。

 

筋肉を強化すれば、姿勢がよくなり、猫背解消にも役立ちますよ。

 

ストレス解消

丘 伸び 女性

 

早歩きは、ストレスの解消になります。

早歩きは歩くことに集中するので、余計な事を考えないという利点があります。

 

また、歩くことで血流も良くなりますから、ドーパミンが分泌され、ストレスの解消につながります。

 

血流の改善効果は、脳活性化も促します。

認知機能の向上が見込めます。

 

健康増進

早歩きは健康寿命を伸ばす効果が期待されています

健康寿命というのは、文字通り「健康」に過ごせる寿命の事です。

 

自力で歩けないなど介護が必要になると、長生きしていてもこの健康寿命には含まれません。

早歩きが健康寿命につながるのは、ダイエット効果と筋肉強化に加えて、全身の血流をよくするからです。

 

また、心拍数が適度に上がるため、心肺機能も高まり血管の老化も防ぎます

心臓病や癌や糖尿病などの予防につながると言われています。

 

早歩きの速度、歩く時間や距離は?消費カロリーは?

ウォーキング 散歩 ジョギング

 

「歩く」時の消費カロリーは、1時間で約150~350kcalです。

 

200 kcalの差があるのは、消費カロリーが、歩く速さや時間、体重などで変わるからです。

消費カロリーは、体重が重いほど大きくなります。

 

そして、歩く速さが早いほど、また歩く時間が長いほど、消費カロリーは増えます。

つまり、同じ時間歩くのなら、早く歩いた方が痩せやすいということになります。

 

最も脂肪燃焼効果が高いスピードは、1kmを10分から15分くらいで歩けるスピードです。

これは時速6kmから9kmくらいにあたります。

 


Sponsored Link

早歩きのコツは?すねが痛くなる原因は?

女性 ウォーキング

 

早歩きに限らず、ダイエットや筋力強化を目的としてウォーキングをするときの歩き方について説明します。

・胸を張って背筋をまっすぐに伸ばす

・俯かず、軽く顎を引く

・脚は、付け根から前に出す

・歩幅を広くする

正しいウォーキング法を身につけよう

 

これが、基本姿勢になります。

ただ、普段運動不足の人がいきなり大股で早歩きすると、ケガの原因になります。

 

最初は歩幅やスピードは自分の出来る範囲で無理をせず、徐々に理想的な歩幅とスピードにしていきましょう。

 

早歩きとランニングはどっちがおすすめ?

女性 ポイント

 

ジョギング

ジョギングは、ウォーキングに比べて消費カロリーが大きくなります。

普通に歩くのに比べて、消費カロリーは約2倍です。

 

短時間でエネルギーを消費したい場合や、体力に自信がある人は、ジョギングの方がいいでしょう。

 

ただ、歩くのに比べて、ジョギングはハードですから、運動が苦手な人や脚を傷めている人には向きません。

 

ウォーキング

先ほど説明したように、歩く時間が長いほど、消費カロリーは増えます。

ジョギングと比べて、ウォーキングは体に負担がかかりにくい為、長い時間歩くことが出来ます。

 

また、運動するとき、体は糖質と脂肪両方を使っていますが、長時間続けると脂肪がより多く利用されます。

ですから、長く続けられるウォーキングは脂肪燃焼に効果的です。

 

早歩き

早歩きは、ジョギングとウォーキングの“いいとこどり”です。

 

歩く速さが早いほど消費カロリーは増えるというところに目を付けた運動です。

 

ウォーキングの手軽さと、ジョギングに近い消費カロリーが得られます。

 

効果的なスピードを意識して

ウォーキング 女性

 

【関連記事】
ウォーキングとジョギングの効果と消費カロリー。どっちが痩せる?
スポーツジムの持ち物はこれ!必要なもの一覧。女性におすすめは?
水泳のダイエット効果。時間や泳ぎ方は?ペースはどれくらい?
ラジオ体操のダイエット効果。カロリー消費に効果的な時間帯。
座り方ダイエット。姿勢で痩せる!座りながらできるダイエット方法。

夏休みダイエット!夏休み中に痩せる方法は?運動や食事メニュー。

 

早歩きダイエットの効果についてでした。

 

早歩きダイエットは、「歩く速さが早いほど消費カロリーは増える」というところに目を付けたダイエット法です。

ですから、ある程度の早さをキープすることがポイントとなります。

 

ただ、ダイエットに最適とされる時速6kmから9kmは、初心者にはかなりキツイスピードです。

最初は無理をせず、徐々にスピードを上げるようにしましょう

Sponsored Link