季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

春の七草の覚え方。意味や漢字の書き方。春の七草粥とは?

春の七草と聞いても若い人はあまりピンとこないですよね。

 

なんだか聞いたことはあるし、春の草と書くからなんとなく知っているような気になりますよね。

 

この、あまり聞き覚えがない春の七草ですが、古くから続く行事であり、深い意義があります。

 

春の七草の覚えた方や由来を知り、ぜひ、生活に取り入れてみましょう。

・春の七草とは?どんな意味があるの?
・春の七草の種類は?漢字はどう書くの?
・春の七草の覚え方は?
・春の七草粥の意味や効果は?食べる時期は?

 

Sponsored Link

春の七草とは?どんな意味があるの?

春の七草 意味

昔から日本では、年の初めに「若菜摘み」という雪の間から芽を出した草を摘む風習があり、これが春の七草の原点とされています。

 

この「若菜摘み」ですが、百人一首でも「君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ」と詠われており、昔から広く浸透していたことが分かりますね。

そして、春の七草とは、春の若菜の中でも代表的な7種を選んだものになります。

 

春の七草の種類は?漢字はどう書くの?

春の七草 種類
古く短歌で詠まれた7種が「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」で、この7種を春の七草と言います。

 

漢字は順に「芹、薺、御形、繁縷、仏の座、菘、蘿蔔」と書きます。

 

このうち以下の5種は名称が現在用いられているものとは異なり、それぞれこのように変わっています。

「ゴギョウ→ハコグサ」「ハコベラ→ハコベ」「ホトケノザ→タビラコ」「スズナ→カブ」「スズシロ→ダイコン」

現在用いられている名称のカブやダイコンと聞くと、聞きなじみがありますね。

 


Sponsored Link

春の七草の覚え方は?

春の七草 覚え方
では、春の七草を覚えるにはどうしたらいいの?

普段聞きなじみがない分覚えづらい!

 

ということでしたら、5・7・5・7・7のリズムに合わせて口ずさむ覚え方が自然で覚えやすいです。

 

「セリ・ナズナ ゴギョウ・ハコベラ ホトケノザ スズナ・スズシロ」という形ですね。

 

元々が短歌なので、この後に「これぞ七草」と続きます。

人によっては「春の七草」で最後の7の音を変えて覚えている人もいるようです。

 

この覚え方で口ずさみながら覚えると、いつのまにかスラスラ言えるようになりますよ。

 

ちょっとした豆知識として披露することもできますので、覚えておくのもいいと思います。

 

春の七草粥の意味や効果は?食べる時期は?

春の七草粥 効果
さて、春の七草の成り立ちについてはよくわかりましたね。

では、春の七草粥とはどんなものでしょうか?

春の七草粥は、新春の1月7日に食べる風習があります。
お粥に春の七草を入れることで災いを除け、長寿富貴を得られるといわれていたため、無病息災を祈って食べられてきたのです。

春の七草一つ一つに効用がありますが、主なものを挙げると以下の通りになります。

 

春の七草の効用

春の七草 効用

 

セリ

鉄分が多く含まれている為、増血作用や血液を綺麗に保ち、高血圧や動脈硬化の抑制も期待できます。

また、胃腸の調子を整える効果も持っているので、お正月で食べ過ぎて疲れてしまった胃腸に優しいですね。

 

ナズナ

ビタミンKが豊富に含まれ、骨粗しょう症の改善効果が期待できます。
また、熱を下げたり尿の出をよくしたりする作用があります。

 

ゴギョウ
詳しい成分ははっきりとは分かっていないのですが、咳やのどの痛みを和らげる効果があります。

 

ハコベラ
タンパク質が比較的多く含まれ、ミネラルなどの栄養も富んでいます。
また、尿の出をよくする作用のある作用や止血、鎮痛作用なども期待ができ、古くから薬草として親しまれています。

 

ホトケノザ

高血圧の予防や胃腸の働きを整える効果があります。

 

一点注意してほしいのが、ホトケノザにはキク科のものとシソ科のものがあり、この二つは全くの別物になります。
シソ科のホトケノザは食べられないので、春の七草のホトケノザはキク科のものになります。

 

スズナ・スズシロ
ジアスターゼという酵素が含まれており、消化を促進させる作用があります。

 

七草粥を美味しく食べるポイント

七草粥 食べる

 

【関連記事】

七草粥の意味と由来。時期や食べる理由は?英語で言うと?
秋の七草の覚え方。意味や由来は?食べることはできる?
人日の節句とは。意味や由来は?七草粥を食べる理由や読み方。

 

身体のためにも良い春の七草粥ですが、苦みがあったり特徴的な風味がしたりと、あまり好ましい味ではなかったりと最近では敬遠されがちです。

 

そんな時は七草の下処理をきちんとして作ってみましょう

七草の葉物を細かく刻んで、塩を少しまぶして青臭さを抜きます。

それから七草をサッと熱湯にくぐらせます。

このひと手間で青臭さは軽減されますし、どうしても味が苦手だ、という場合は他の食材や調味料をプラスしてみてはいかかでしょうか。