季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

鼻うがいのやり方とコツって?効果抜群だけど危険性もある?

うがいと聞くと「痛い」「苦しい」とマイナスのイメージが浮かびがちですが、意外と知られていないのが、「鼻うがいで得られる効果」や「メリット」です。

 

今回は、鼻うがいをしてみようかな、鼻うがいってどんな感じだろうかと興味がある方、鼻うがいがうまくできない方などに、鼻うがいの方法とメリット、注意点をご紹介します。

 

最後まで読んだ後は、鼻うがいですっきりしたくなるかも知れませんよ。

 

・鼻うがいの効果とやり方は?
・鼻うがいの上手なやり方は?
・鼻うがいの注意点と危険性について

 

Sponsored Link

鼻うがいの効果とやり方は?

鼻うがい 女性 イラスト

 

鼻うがいは、鼻詰まり・蓄膿症・鼻炎・花粉症など鼻の症状を緩和すると言われている健康法です。

 

鼻に残りがちな埃やウィルス・汚れ・アレルギー源などを洗い流すことで、鼻の炎症や悩んでいる症状を予防しちゃおうというものです。

 

ここで、ふと思うのは痛みではないでしょうか。プールや海で鼻に入った時の「痛み」を考えると「鼻うがい」に恐怖を感じる方もいるかと思います。

 

実は、鼻うがいは正しい鼻うがいをすると、痛くないと言われています。

 

鼻うがいのやり方は、実際に鼻うがいを実践している人によっておすすめ方法が違うので、ここでは初めての方におすすめしたい鼻うがい方法を詳しくご紹介したいと思います。

 

鼻うがいの上手なやり方は?

塩 水

 

鼻うがいで誤解されるのが、鼻うがいで使う水です。

 

水道水やミネラルウォーターは、体を巡る水と成分が違うため、「鼻、痛い!」と拒否反応を起こします。

 

これが、鼻うがいで「鼻が痛い」と言われる理由です。

プールの水も海水も、体を巡る水とは成分が違うので痛みが起こるのです。

 

鼻うがいには、体を巡る水分と成分がほぼ同じの「生理食塩水」を使います。

自分で作る場合には、洗面器を一度洗ってからぬるま湯200㏄を張り、食塩2gをよく溶かします。

ただ、初めて鼻うがいをするのであれば、市販の生理食塩水を使うと衛生面でも安心ですよ。生理食塩水を準備したらいよいよ鼻うがいです。

 

鼻うがいをしてみよう

鼻に水を入れるときには、生理食塩水を入れていきます。

 

このとき、いきなり「ピューッ」っと入れると、むせたりびっくりしてしまい、鼻うがいに嫌なイメージがついてしまいます。

 

それを避けるために、鼻うがい専用のネティポットスポイトなど自分でゆっくりと水を入れられるタイプのものを選ぶようにしましょう。

 

アーユルヴェーダでも広く知られている「鼻うがい」なので、女性にとってはデトックス効果も期待できちゃいます。

○ネティポットを使った鼻うがいはこちらから

 

○市販の鼻うがいセットを使うのはこちら

ネティポットを使う時には、煮沸消毒ができるものを選ぶようにしましょう。

 

鼻の雑菌を取り除くための鼻うがいで、最初は良かったけれど続けていたら悪化したように感じるときには、ネティポットに雑菌がついちゃっている場合があります。

 

煮沸消毒をしてしっかりと乾燥させ、清潔な状態で使うようにしましょうね。

 


Sponsored Link

鼻うがいの注意点と危険性について

鼻水 女性 イラスト

 

鼻うがいの注意点は動画でも触れていましたが、洋服が濡れてしまう可能性があるので濡れてもいい服装にするか、バスルームで行うのがおすすめです。

 

一日何度もするよりも、一日一回にしましょう。時間帯は一日の汚れを洗い流せる夜がおすすめです。

 

ここだけは気を付けよう

唾を飲みこまない

喉へ雑菌が流れていくことになり、喉の炎症を起こすことがあるので、唾を飲みこまないように気を付けましょう

 

明らかに風邪だと分かるときには避ける

風邪がウィルス性のものですが、風邪のウィルスを体の中に侵入させないように鼻水がガードし、ウィルスを包んで外へ出す働きをしているところに、鼻うがいをするとせっかくの自己治癒力を下げてしまうことになります。

 

風邪の症状が落ち着くまでは、鼻うがいは避けましょうね。

 

鼻うがい後に、鼻をかむよりも、綿棒で拭きましょう

鼻うがいのあとに鼻をかんでしまうと、鼻と繋がっている耳へ水が流れてしまうことがあります。

 

耳が炎症を起こし、中耳炎になってほしくないので、優しくかむことも避けてほしいのです。

 

その代わり、綿棒でクルクルと拭き取りましょう。優しくクルクルと拭き取るだけなので、簡単ですし安心です。

 

健康効果!鼻うがいを取り入れてみよう

ガッツポーズ 男女 イラスト

 

【関連記事】

鼻づまりの原因と解消法。鼻詰まりを一瞬で治すツボや方法は?

鼻水が止まらない原因。サラサラや黄色の理由。止め方は?

風邪(鼻水・喉・頭痛)に効く食べ物飲み物は?薬を使わない治し方!

花粉症対策の食べ物まとめ!改善におすすめの食事や飲み物

 

汚れ・埃・雑菌から体を守るため鼻毛が生えています。鼻毛が伸びやすい方は、鼻の中が汚れやすい傾向にあります。

 

さらに、鼻毛をカットすると、汚れ・埃・雑菌などに入ってきてくださいと言っているようなものです。

 

自分の体を守るためにも、鼻うがいを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

鼻と頭は繋がっていて、鼻が詰まっていると集中力が落ちてしまうことがあります。

 

反対に頭がぼーっとしたりすっきりとしないとき、ミントの香りを嗅ぐとスッキリしますよね。

 

鼻うがいには、デトックス効果もあるので、気分転換に取り入れるのいいと思いますよ。