季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

山笑う・山滴る・山粧う・山眠るの意味。季語の時期や俳句は?

最近俳句の教室を見かけることが多くなってきました。

 

以前はテレビで講座を放送していたり、同好の方々が集まって俳句を詠んでいたりということを聞くぐらいでした。

今は大手の趣味の講座を開講しているとこでも数講座開いていますし、通信教育でも見かけます。

 

俳句は難しそうと思っている方が多いかと思いますが、難しい決まりごとはさほどありません。

 

これから俳句をいくつか紹介させていただきます。それを読んで難しいことではなく季節感を感じていただけたらと思います。

・山笑うの意味と時期は?季語に使った俳句は?
・山滴るの意味と時期は?季語に使った俳句は?
・山粧うの意味と時期は?季語に使った俳句は?
・山眠るの意味と時期は?季語に使った俳句は?

 

Sponsored Link

俳句とは

俳句 鉛筆
俳句を詠むとき決まりごとは2つあります

・五・七・五の音で連なる定型詩であること。

・必ず季語が入ること

これだけなのです。後はその時感じた思いを言葉にしていくだけです。

上手な歌を詠むとかは、少しづつ勉強しなければなりませんがまず俳句に親しんでいただくのが一番です。

 

季語とは

桜 春
決まりごとの一つ「季語」とは春・夏・秋・冬のその季節を表す言葉をいいます。

ちなみに季語が入っていないと川柳と呼ばれます。その季語も現在5000以上あるといわれています。

 

例えば「春」という季節の表す季語には「梅、桜、鶯(うぐいす)、立春」などがあります。その季節を表す花や鳥、動物、事柄、時候、行事それらがすべて対象となるのです。

 

詳しくは季語の一覧が載っている「歳時記」という本がありますのでありますので参考にしていただければと思います。

 

それでは実際に「季語」をキーワードに俳句を紹介させていただきたいと思います。

 


Sponsored Link

山笑うの意味と時期は?季語に使った俳句は?

春 桜 山
「山笑う」という季語です。季節は「春」です。

 

意味は、新しい草花が芽吹いてきてそれに春の日が当たり、山全体にのどかで明るい感じがする春の山の様子を表現しています。
それでは俳句を紹介させていただきます。

・故郷やどちらを見ても山笑ふ     正岡子規

・音たてて筑紫次郎や山笑ふ      熊本たろう

・水底の石のゆらめき山笑ふ      長谷川櫂

・筆取りてむかへば山の笑ひけり    蓼太

 

山滴るの意味と時期は?季語に使った俳句は?

山 川 夏
「山滴る」という季語です。季節は「夏」です。

 

意味は若葉から濃い緑になりその緑の葉から水が滴るみずみずしさが美しい夏の山を表現しています。この季語は使い方がほかに「滴る」「苔滴り」の使い方があります
それでは俳句を紹介させていただきます。

・笠一つしたたる山の中を行く     正岡子規

・ひと亡くて山河したたる大和かな   角川春樹

・滴りのそばを歩むや鳳来寺      尾花ゆう花

・滴りの打ちては揺るる葉一枚     富安風生

 

山粧うの意味と時期は?季語に使った俳句は?

紅葉 秋
「山粧う(やまよそおう)」という季語です。季節は「秋」です。

 

意味は紅葉や黄葉で美しく彩られた山の様子を表しています。この季語は使い方がほかに「野山の錦」「紅葉の錦」「草の錦」の使い方があります。
それでは俳句を紹介させていただきます。

・山の神来てゐるらしき山粧ふ     井上 雅

・九重を中に野山のにしきかな     蓼太

・眼をつぶれば今日の錦の野山かな   高浜虚子

 

山眠るの意味と時期は?季語に使った俳句は?

冬 雪 山
「山眠る」という季語です。季語は「冬」です。

 

意味は眠るように静まっているもの寂しそうな冬の山の様子を表しています。

それでは俳句を紹介させていただきます。

・山眠る如く机にもたれけり      高浜虚子

・夏も殷も周も滅びて山眠る      角川春樹

・とぢし眼のうらにも山のねむりけり  木下夕鶴

・日のさせばあたたかさうに山眠る   紺野いつみ

 

季節の情感を端的に表現

封筒 筆 炭

 

【関連記事】
梅雨晴れの意味と俳句。梅雨晴れの候の挨拶例文と時期について。
走り梅雨の意味。時期はいつ頃?天気の状態は?俳句について。
五月雨の意味や時期。ビジネスの五月雨式や俳句の意味は?
五月晴れの意味と読み方。時期はいつ?俳句や使い方は?
短夜の意味と読み方。短夜の候の時期は?どんな俳句があるの?

寒の内の意味や読み方。時期や行事。季語を使った俳句は?

 
いかがでしたでしょうか。まだほかにも素敵な俳句が詠まれています。

 

季語という短い言葉の中に奥深い意味合いが込められているので、「五・七・五」という短い音の中にたくさんの情感が込められると思います。

 

今回ご紹介した俳句も、詳しい説明はなくても季語の解釈から全体の情感だけでも伝わったことと思います。

 

ストレートな表現で伝えることも大事ですが、日本人が古来から大事にしている言葉を使ってみてはいかがですか?

 

難しいことからではなく、旅先からのお便りに俳句の一つで物語るのも良いのではないでしょうか。