季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

結婚式のご祝儀の金額相場まとめ。親族、友人、上司の場合

婚式に招待された時のご祝儀は、どのくらい包むのがよいのでしょうか。

 

結婚式のご祝儀はお祝いの気持ちですから、あまり相場に拘り過ぎるのはよくありませんが、おおよその相場を知っておくことも重要です。

 

今回は、そんな結婚式のご祝儀の金額についてです。
新郎新婦との関係性別に、相場の金額をまとめていますので、参考にしてみてください。

 

・結婚式のご祝儀の金額相場は?地域差はある?
・親戚(叔父・叔母、いとこなど)の場合の金額相場は?
・兄弟や親の場合の金額相場は?
・上司、部下、同僚の場合の金額相場は?
・夫婦として渡す場合の金額相場は?
・結婚式のご祝儀のマナーは?2万円や1万円でもいいの?

 

Sponsored Link

結婚式のご祝儀の金額相場は?地域差はある?

結婚式 ウエディングドレス

 

ご祝儀の相場

結婚式のご祝儀の相場は、友人・知人の場合で30,000円が平均的な相場です。

まだ学生だったり、年齢が若かったりする場合は、20,000円という人もいるようです。

 

2万円か3万円かで悩む場合は、会場のグレードも考えて決めるという方法もあります。
何故かというと、有名ホテルや高級レストランでの披露宴の場合は、料理にお金がかかっているからという考え方です。

 

また、仲のいい友人など、お互いの結婚式に招待しあうというケースの場合は、自分のときに貰ったご祝儀と同額にするのが円満です。

 

ご祝儀の地域差

山 花
以前は、東北地方のご祝儀は少なめの傾向にありましたが、最近は全国平均の30,000円に近付いています
ただし、北海道と沖縄では、事情が違います。

 

北海道の場合

北海道では、「会費制」の結婚式が多いので、そもそもご祝儀がありません
昔から北海道では「発起人」という主催者が存在し、その「発起人」が会費を集めて新郎新婦を祝うことが普通なのです。

会費の相場は、15,000~20,000円ぐらいです。

 

沖縄の場合

沖縄県はご祝儀の相場が10,000円です。

どんなに親しくても、仕事の上司であっても同じです。
これも地域の風習が関係しています。

 

本土の披露宴の招待客は40名~60名が平均値と言われていますが、沖縄の披露宴は、平均して250名、400名を超えることもあります。

 

親戚の親戚、両親の職場の人など、新郎新婦と一度も会ったことがない人も呼ばれます。
顔の広い人なら、毎月何度も結婚式に呼ばれる事になるわけです。
ですから、ご祝儀を30,000円包んでいたら、破産してしまうというわけです。

 

親戚(叔父・叔母、いとこなど)の場合の金額相場は?

花 金
新郎新婦の伯父伯母、叔父叔母などのご祝儀は、友人や知人と同じで、30,000円〜50,000円が相場となっています。
伯父伯母、叔父叔母が夫婦で出席する場合の相場は、50,000〜100,000円です。
相場に開きがあるのは、新郎新婦との交流の仕方や、披露宴会場の規模などによるからです。

 

いとこのご祝儀も金額は同じです。
ただし、独身の場合で親と一緒に出席する場合は、親のご祝儀と一緒に包むという考え方もあります。

 

別に包む場合でも、伯父伯母、叔父叔母よりも、いとこの金額が大きいのは、少し不釣り合いですので、一度打ち合わせした方がいいでしょう。

 


Sponsored Link

兄弟や親の場合の金額相場は?

花 ピンク

 

兄弟姉妹へのご祝儀

20代や30代では、兄弟や姉妹向けのご祝儀は 50,000円
40代や50代では、50,000〜100,000円というのが相場の様です。

 

また、兄弟姉妹間では、先に結婚した方が貰った金額を包む、という考え方もあります。
これは、友人、知人の場合と同じですね。

 

親から子へのご祝儀

披露宴の主催者が親という場合
親の名前で招待状を送付して、費用の殆どを親が負担している場合です。
披露宴の費用負担をすることが、ご祝儀のかわりとなりますので、ご祝儀は必要ありません。

 

披露宴の主催者が新郎新婦の場合
この場合、相場があってないようなものです。
だいたい平均すると100万円となっていますが、0円という場合から、一千万円超というご家庭がありますから(この場合は、ご祝儀ではなく結婚援助金でしょう)、各家庭の考え方でいいでしょう。
無理やりに相場を決めるとすると、10万から100万程度の間の出来る範囲で、ということになります。

 

上司、部下、同僚の場合の金額相場は?

熨斗 ご祝儀
新郎新婦の上司なら30,000〜50,000円、同僚・部下なら30,000円相場となります。

 

ただし、入社して間もなく結婚式に出席する場合などは、20,000円でもよいとされています。
同じ結婚式に招待されている人がいるなら、似たような立場の人と金額について相談すると安心ですね。

 

夫婦として渡す場合の金額相場は?

夫婦連名で招待状が届いた場合、ご祝儀も夫婦連名で包みます。
金額は奇数の50,000円70,000円が一般的です。

 

結婚式のご祝儀のマナーは?2万円や1万円でもいいの?

ご祝儀 熨斗袋
ご祝儀の金額は、夫婦が別れることを意味する「偶数」や、4や9などの数字は縁起が悪いということで避けるのが一般的と言われています。

 

ただし、2は“ペア”という意味合いで可とされています。

その場合も、「1万円札1枚と5千円札2枚」 など別れない枚数にするのがよいという意見もあります。

 

また、ご祝儀として渡すお金は、新札を用意するのがマナーです。

 

さて、ご祝儀が10,000円というのは、沖縄以外では、ちょっと常識外れとなります。
けれども、経済的に厳しい時に結婚式への招待を受けるときもありますよね。
この場合、欠席してお祝いだけ贈るか、正直に事情を話して判断を仰ぐか、ということになります。

 

黙って、ご祝儀10,000円という場合、事情を汲み取ってくれるといいのですが、“常識がない人”という印象を持たれる可能性があることを覚えておきましょう。

 

ご祝儀は、ある程度相場を守って

【関連記事】
結婚式のご祝儀の書き方。数字の書き方や短冊の意味は?
結婚式のご祝儀の入れ方とふくさの包み方。お札の向きは?
結婚式のご祝儀の渡し方。親族に渡す場合やふくさの使い方
結婚式の祝電の文例!職場や取引先などに送る場合の例文。

 

結婚式のご祝儀の金額についてでした。
北海道と沖縄以外は、全国的にそれほど相場が変わらない事が分かりましたね。

 

相場よりも、極端に少ないご祝儀は、「祝われていないのか?」「もしかして、経済的に苦しいのか?」などの心配をかけたり、「常識がない!」と怒らせたりする可能性があるので、気をつけましょう。

 

相場よりも多めに包むかどうかは、新郎新婦とのこれまでのお付き合いと、これからのお付き合いの仕方によって、決めるとよいでしょう。