季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

冬のディズニーランド&シーの服装や持ち物必需品!寒さ対策は?

実は冬が閑散期な、ディズニーランド&シー

 

寒いというだけでなく、受験前ということもあり入場者数は少ない傾向にあるんですよ。
特に1月の中旬から下旬の平日は狙い目です。

 

せっかくの空いているディズニーランド&シーですが、やはり冬は準備をしっかりしないと、寒くて楽しめません。

 

今回は冬のディズニーをしっかり楽しむための、おすすめの服装や持ち物についてご紹介します。

 

・冬のディズニーランド&シーにおすすめの服装は?
・冬のディズニーランド&シーにおすすめの持ち物や必需品は?
・赤ちゃんや子供もしっかり対策!冬のディズニーランド&シーの寒さ対策について。
・冬のディズニーランド&シーの快適な過ごし方。

 

Sponsored Link

冬のディズニーランド&シーにおすすめの服装は?

冬のディズニーランド&シーは、海からの冷たい風もあり、体感温度は町中よりかなり寒いです。

 

そんな中アトラクションを長い時間待つと、体も冷えてしまいますね。
寒さ対策でおすすめの服装をご紹介します。

 

ヒートテックインナーを活用しよう

ヒートテックインナー

出典 https://item.rakuten.co.jp/

 

体から出た熱を逃しにくいヒートテックインナーは、待ち時間の多いディズニーランド&シーにはうってつけです。

 

今はユニクロだけでなく、各社から出ているのでぜひ用意してくださいね。
薄手なので、重ね着の多い冬でも厚着っぽくならないのがうれしいですね。

 

首周りを暖かくしよう

スヌード マフラー

出典 https://item.rakuten.co.jp/

 

タートルネックやマフラーで首周りを暖かくすると、冷たい風が入ってこないので体感温度も下がりにくいです。

 

冬場は「首」のつく個所を温めると体が温まるので、しっかり首元を温めてくださいね。

 

あまり長いマフラーは、アトラクションに乗るときの邪魔になるので気をつけてくださいね。
スヌードは輪になっているので、おすすめですよ。

 

レギンスやタイツをはこう

レギンス タイツ

https://item.rakuten.co.jp/

 

パンツ、スカートどちらの場合も、下にタイツやレギンスをはいて置くと温かいですよ。

 

最近は薄手で発熱素材の物もあるので、洋服のシルエットに響きにくく暖かいものがありますね。
さらに靴下を重ねると、足元の冷え対策はばっちりです!

 

上着は脱ぎきしやすいもの

ダウンコート 上着

出典 https://item.rakuten.co.jp/

 

冬の服装の要はなんといっても上着です。
おすすめはダウンコートなのですが、ロング丈はお勧めできません。

 

アトラクションによってはアウターを脱がないといけない場合もありますので、荷物になってしまいます。

 

また、座った時に足元で引っかかってしまうこともあるので、あまり長いものはお勧めできません。
ユニクロなどから出ているインナーダウンを、通常のコートの下に着こむのもおすすめです。

 

裏起毛素材もおすすめ

裏起毛素材 ロングスカート

出典 https://item.rakuten.co.jp/

 

最近冬になると、裏起毛の素材の服が出るようになりましたね。

 

触った時に冷たさを感じないので、冷たい空気が入ってきやすいボトムスに使うといいですね。

 

スカートでおしゃれしたいけれど足が冷えるのが気になる場合は、裏起毛のロングスカートなどもおすすめですよ。

 

冬のディズニーランド&シーにおすすめの持ち物や必需品は?

冬のディズニーランド&シーの寒さ対策は服装だけではやはり足りません。

 

ディズニーでは持ち物は少ないほうが良いですが、冬のパーク内で快適に過ごすためには持っていたほうが良いものもあります。

 

パーク内で買えるものもありますが、事前に準備した方がいいおすすめの持ち物をご紹介します。

 

パレード街の必需品、ブランケットと携帯クッション

ブランケット 携帯クッション

出典 https://item.rakuten.co.jp/

 

パレードをいい位置で見るには、開始時間前に場所取りをする必要がありますよね。

 

ビニールシートだけだと、冬はすぐにお尻や腰が冷たくなってしまいます。
携帯用のクッションがあるだけでかなり冷たさは防げるので、持っていくと便利ですよ。

 

また、ブランケットはフリース素材などで軽くて暖かいものがお勧めです。
100均でも買えるので、ぜひ用意してくださいね。

 

使い捨てカイロ

使い捨てカイロ 寒さ対策

出典 https://item.rakuten.co.jp/

 

使い捨てカイロは寒さ対策の定番ですよね。

 

ポケットに一つあるだけで、冷たくなった手を温めることもできますし、足の裏や背中、腰などに貼っておくだけで体も温まりますね。

 

パーク内でも売っているのですが、機能的にもドラッグストアなどで買ったもののほうが温まるので、準備しておくことをお勧めします。

 

暖かい飲み物

水筒 保温 飲み物

出典 https://item.rakuten.co.jp/

 

飲み物はパーク内でも買えますが、買うのに並ぶ事や、飲み切らないとアトラクションに乗れないので気軽に買えないですよね。

 

保温機能のある水筒を家から持ってくれば、いつでも温かいお茶を飲むことができます。

 

ディズニーランド&シーはパークの入り口で持ち物チェックを行っていますが、水筒は注意されることはないようです。
暖かい飲みものは家から持っていくのが一番ですね。

 

帽子や手袋はパークで買うのもおすすめ

ドナルドダック 帽子

出典 https://matome.naver.jp/

 

帽子や手袋は防寒に欠かせないアイテムですが、パーク内でキャラクターの物が売っているのでお気に入りのキャラクターの物を買ってもいいですね。

 

カチューシャを付けたい人や買うかわからないという人は、ニット帽など薄くて荷物にならないものを持ち物に入れておくと良いでしょう。

 


Sponsored Link

赤ちゃんや子供もしっかり対策!冬のディズニーランド&シーの寒さ対策について。

ある程度大きい子供なら体温調節もできるようになってくるのですが、赤ちゃんや、まだお昼寝の必要な幼児の場合はベビーカーでパークを回ることもありますよね。

 

そんな場合のおすすめの服装や持ち物についてご紹介します。

 

フットマフでしっかり寒さを防ごう

ベビーカー フットマフ

出典 https://item.rakuten.co.jp/

 

ベビーカーにつける、綿入りのフットマフは冬の防寒の定番ですよね。

 

暖かいだけでなく足元をぐるっと覆っているので、冷たい空気が入り込まないようになっているのもいいですね。

 

ファスナー式で開閉のしやすいものなどもあり、屋外と屋内の温度調節もしやすいタイプが使いやすくておすすめですよ。

 

レインカバー

レインカバー ベビーカー

出典 https://item.rakuten.co.jp/

 

雨をよけるためのレインカバーですが、ビニール素材で外気を遮断するので冷たい空気を入れず、熱がこもるので暖かくなるという効果もあります。

 

レインカバーを嫌がらない赤ちゃんであれば、晴れていてもレインカバーをして暖かくしてあげましょう。

 

暖かく脱ぎ着しやすい洋服

赤ちゃんや子供の冬の服装というと、ダウン素材やボア素材のカバーオールが思い浮かびますが、その場合もファスナーになっているものなど、脱ぎ着しやすいものを選びましょう。

 

子供がいると屋内で暖を取ることもあると思いますが、脱げない洋服だと汗をかいてしまい外に出た時に冷えてしまうということもあります。
暖かい屋内に入った時に、脱がしてあげやすい服装がおすすめですよ。

 

ベビーカーの用のブランケット

ベビーカーは夏に熱がこもらないように、シートがメッシュになっているなどの通気性がいいものが多いです。

 

寒い冬は冷たい空気が入ってしまうので、ベビーカーのシートにブランケットなど暖かい敷物を敷いてあげて冷気を防いであげてください。

 

貼るホッカイロはNG

大きいお子さんなら低温タイプのカイロを使ってあげてもいいかもしれませんが、寝たままの姿勢の赤ちゃんや子供には、絶対にホッカイロは使用しないでくださいね。

 

同じ姿勢のままでいると低温やけどしてしまうので、危険です。
できるだけ洋服やブランケット、手袋などで寒さをしのいでくださいね。

 

冬のディズニーランド&シーの快適な過ごし方。

ディズニー 城
服装や持ち物の対策ばっちりで冬のディズニーランド&シーに来たものの、天候によってはそれでもやはり寒いです。

 

そんな時にもディズニーランド&シーを楽しむ為の過ごし方をご紹介します。

 

必ず乗りたいものを決めておこう

実は冬のディズニーランド&シーは開園している時間が少し短いんです。

 

寒いので外でアトラクションに並ぶ時間も限られるので、絶対に乗りたいアトラクションを決めておき、ファストパスなどを使い計画的に回りましょう。

 

パレードの時間もしっかり調べておいて、だいたいの予定を決めておくと屋内で暖を取るタイミングも決めやすいと思います。

 

屋内アトラクションやイベントを中心に回ろう

特に小さいお子さんのいる場合は、乗れるアトラクションも限られているので無理に外のアトラクションに並ばず、屋内のイベントなどを中心に楽しんでもいいかもしれません。

 

ディズニーランドの魅惑のチキルームは、入り口付近にヒーターが置いあてあるので暖も取れちゃいます。

 

ディズニーシーのトリトンキングダムは、小さな子供向けのアトラクションやショーがあり、レストランもあるので、長い時間居ることもできますよ。

 

冬のディズニーランド&シーは、冬ならではの楽しみをしよう!

ハート 風船

 

【関連記事】
ディズニーカウントダウンチケットを確実に購入する方法は?
夏のディズニーランド&シーの服装や持ち物必需品!暑さ対策は?
サマーランド持ち物リスト!場所取りのコツ。子連れの必需品は?
スヌーピーミュージアムの混雑。当日券の買い方やカフェの予約は?

 

ディズニーランド&シーで、せっかく空いているのだからと、人気アトラクションにばかり乗ろうとすると体も冷えてしまい、せっかくのディズニーが寒かった思い出ばかりになってしまいます。

 

年間通して楽しめるディズニーランド&シーは、その季節に合った楽しみ方ができちゃいます。

 

服装や持ち物でしっかり対策をし、屋内アトラクションを上手に混ぜて冬ならではディズニーランド&シーの楽しみ方を見つけてくださいね。

 

冬の澄んだ空の打ち上げ花火は格別なので、寒さ対策をしっかりして、暖かく夜までパークを楽しんできてくださいね。