季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

干支の順番と由来。読み方や覚え方。十二支の漢字の意味は?

毎年巡ってくる、今年の干支(えと)

 

干支は、もともと暦や方角に使う大事なものでしたが、今では、年賀状を書く時にしか意識しない人もいるかもしれませんね。

 

ところで、干支の由来についてはご存知でしょうか?
干支の順番が分かっても、その由来となるとあやふやではありませんか?

 

今回は、そんな干支の由来と順番についてです。

※干支は、本来「十干(じっかん)」と「十二支(じゅうにし)」を合わせたものですが、最近は干支というと、「十二支」のことだと思う人が増えましたので、今回は、馴染みのある「十二支」についてお伝えしていきます。
・干支(十二支)の順番は?読み方は?
・干支の順番で簡単な覚え方はある?
・干支の順番が決められた由来は?
・干支の漢字の書き方は?どんな意味があるの?

 

Sponsored Link

干支(十二支)の順番は?読み方は?

干支 十二支
干支の順番と読み方は次のとおりです。

子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)

この干支(十二支)には、それぞれ動物が当てられています。

 

年賀状などで、年毎に順番に使われる動物ですから馴染みがありますね。

 

それぞれが、どの動物を指しているのか、ここで確認しておきます。

●子:「ね」・・・鼠(ねずみ)
●丑:「うし」・・・牛(うし)
●寅:「とら」・・・虎(とら)
●卯:「う」・・・兎(うさぎ)
●辰:「たつ」・・・龍(りゅう)
●巳:「み」・・・蛇(へび)
●午:「うま」・・・馬(うま)
●未:「ひつじ」・・・羊(ひつじ)
●申:「さる」・・・猿(さる)
●酉:「とり」・・・鳥(とり)
●戌:「いぬ」・・・犬(いぬ)
●亥:「い」・・・猪(いのしし)

 

干支の順番で簡単な覚え方はある?

十二支 順番
12種類ですから、繰り返し唱えれば覚えられると思います。

コツは、

ねー、うし、とら、うー、たつ、みー/

うま、ひつじ、/さる、とり、いぬ、いー/

と、いうように、“/”のところで、息継ぎをすることです。

 

リズムが生まれて覚えやすいです。
歌で覚える方法もあります。

 

メロディーがあるので、忘れにくいかもしれませんね。

十二支 簡単おぼえ歌!子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

 

ポンキッキーズ メロディ「十二支のうた」

 

記憶のコツはリズムよくポンポンつぶやくことです。

 

そうすると脳に容易に刷り込まれていき、いつのまにか覚えているようになります。

 


Sponsored Link

干支の漢字の書き方は?どんな意味があるの?

干支 意味
実は、十二支に使われている文字、子・丑・寅・卯などは、元々は、動物とはまったく関係のない字です。

 

十二支の漢字は、12の周期で月を表す記号でした。

 

記号の順番を覚えやすくするために、後から動物を割り振ったのです。

 

それぞれの漢字が本来表している意味は次のとおりです。

:散らばっている様子
:生命エネルギーの様々な結びつき
:形をとっての発生
:さかんに茂るさま
:物がことごとく震い動いて伸びていく生の活動
:とどまる、やめる、蛇の脱皮のように気の更新をする
:そむく、逆らう、上昇する陰と下退する陽とのぶつかり
:成熟して匂いや味がそなわる
:のびる、陰気が伸びて老いて成熟する
:壺の中で盛んに醗酵している状態
:茂るにつうじ、欲求不満が一杯になる
:一杯になったエネルギーが一気に爆発し生命が充実

いかがですか?
お気づきのように、植物が生長する順になっていますね。

 

本来の漢字の意味を知ると、十二支の順番にも納得ですね。

 

干支の順番が決められた由来は?

干支 由来
干支(十二支)の順は、先ほど漢字の意味と一緒に説明したとおりです。

 

でも、どのようにして、漢字に動物たちが当てはめられたのでしょうか?

 

そのいきさつは、「十二支の物語」に書かれています。

 

日本だけでなく、中国や朝鮮半島、モンゴル、ロシア等ひろく語り継がれているお話なんですよ。

 

十二支の物語~12の動物神様の元へ向かう~

【十二支の順番】
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥 

その昔、神様が動物たちに向かってこういいました。
「1月1日の朝に挨拶に来たものから順番に、12番目まで毎年交代でリーダーにする!」

それを聞いた動物たちはいろいろ考えながら、それぞれ挨拶するために出発しました。

 

牛は「自分は歩くのが遅いな」と感じていたので、他の動物達より早く行こうと前日の夜から歩きはじめます。
牛は出発も早く一番先に神様のところへ着くかもしれません。

 

そんな牛を見ていたネズミは一計を案じます。それは牛の背中に乗ること。
気づかれないように牛の背中に乗っていれば、自分も早くに神様の元へ着けるからです。
のんびりした牛の性格を見越して、こっそり背中に乗ったネズミは牛の歩みとともに神様の元に向かいます。

 

思った通り牛は一番に神様の所に現れました。前日から出発しているので、誰よりも早くに着いたのです。

 

“牛が一番!”と思った矢先、突如牛の背中からネズミが飛び出しました。
そして、牛が挨拶するよりも先に神様に挨拶をしたのです。

 

挨拶した順番で毎年リーダーになるというルールは変わりません。
そのため一番はネズミ、二番に牛の順番となりました。

しかし牛は2番になったことを怒りませんでした。
「2番で着ければ十分満足」として、文句一つ言いません。

 

他の動物たちはどうなったかというと、
3番に着いたのは虎。

 

実は虎は、神様に挨拶した順番にリーダーになるという話を噂で聞いただけでした。
最初は信じていませんでしたので、参加するつもりはありませんでしたが、虎は思います。

「もしこの話が本当だったらビリは自分だ。そうなると赤っ恥をかくことになる。」

 

そして虎は疑いながらもレースに参加し、実は本当だったこのレースで、晴れて3番になることができました。
最初から参加していれば1番だったかもしれません。

 

4番目に神様の元へ着いたのは兎(うさぎ)。
5番目は龍(竜)です。
なぜ兎は龍よりも早くに着けたのでしょうか。
それは兎はみんなが途中で休んでいる間も、懸命にピョンピョンと進んでいたからです。

 

5番目は龍ですが、本当は巳(へび)と同着でした。
龍は空をとぶことができて、毎日修行も積んでいます。
巳(へび)はそんな龍を尊敬し、龍に順番を譲ったのです。
こうして5番目は龍(竜)、6番目は巳(へび)となりました。

 

午(うま)と未(ひつじ)は周りに関係なく、マイペースで進んでいきます。

結果、足の早い午(うま)の方が未(ひつじ)よりも早く着き、7番目に午、8番目に未となりました。

 

次に猿、酉(とり)、戌(いぬ)の順番となりますが、なぜこうも到着するのが遅かったのでしょうか。
それは猿と戌(いぬ)が喧嘩をしていたからです。

 

その喧嘩の間に入って止めていたのが酉(とり)。
なのでこの3匹は神様のところへ着くのに時間がかかってしまったのです。

 

最後の到着したのは亥(いのしし)となりますが、そんなに遅かったのかというとそうではありません。
実は亥(いのしし)は、すごいスピードで神様の元へ突っ走り、誰よりも早く着いていたのです。

 

ところが勢い余って、神様の元を過ぎてはるか先に行ってしまいました。
神様のところへ戻ったときには皆がゴールした後だったというわけです。

こうして干支の順番は、【子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥】となりました。

 

干支の漢字の由来と、十二支の物語

干支 物語

 

【関連記事】
おみくじの順番と意味。半吉や末吉は?地域別の呼び方は?
絵馬の書き方。恋愛、合格、健康、結婚、安産、就職、商売。
年女年男の意味とは。縁起は?厄年の場合は厄払いが必要?
一陽来復御守の貼り方と時間。ご利益は?穴八幡宮のアクセス。
お正月の神棚の飾り方や期間。お供え物やしめ縄はいつまで?

初正月の羽子板や破魔矢の意味。いつまで飾る?お返しは?

 

干支の由来と順番についてでした。

 

干支が、もともと動物には全く関係がない漢字だったなんて、意外ですね。

 

干支の漢字の由来や十二支の物語は、ちょっとした豆知識として覚えておくと、新年の話題になりますよ。