季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

車のエアコンフィルター交換時期や費用。掃除方法や効果は?

のエアコンから冷たい風が全然出てこない!変なにおいがする!

そうなってしまう原因はエアコンフィルターにあるかもしれません。

 

車のエアコンも普通のエアコンと同様、フィルターの汚れがひどくなるとエアコンのパフォーマンスが低下してしまいます。

一定期間使っているとフィルターの寿命が来てしまうので、定期的にフィルターを交換する必要があります。

 

だからといって車のエアコンフィルターなんてどうやって交換するの?と思いますよね。

 

今回は車のエアコンのフィルターの交換方法や交換時期についてお伝えします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

・車のエアコンフィルターの交換時期は?
・車のエアコンフィルターを交換するメリットは?
・車のエアコンフィルターの交換費用はどれくらい?
・エアコンフィルターの交換、掃除のやり方は?

 

Sponsored Link

車のエアコンフィルターの交換時期は?

車 エアコン フィルター

 

車のエアコンフィルターの寿命は約1年だと言われています。

距離で換算すると約12,000km走ったら交換する必要があります。

 

しかしこの基準は厳密ではなく、例えばほこりっぽい所を走る頻度や車のエアコンを使う頻度で寿命が前後します。あくまで目安と考えておけばいいでしょう。

 

エアコンフィルターは定期的に掃除すれば寿命を延ばせます。

こまめに掃除すれば数年以上フィルターを使い続けることもできますよ。

 

また、交換するなら梅雨入り前に行うことがおすすめです。

梅雨は湿気でにおいのもとになる雑菌やカビが繁殖する時期ですので、このタイミングできれいにしておけばにおいが気にならなくなりますよ。

 

車のエアコンフィルターを交換するメリットは?

車 イラスト

 

車のエアコンフィルターはそのまま使い続けると汚れがたまり、においが発生したり、エアコンの効き目が悪くなってしまいます。

 

芳香剤でごまかしてもにおいの原因はそのままですし、エアコンの効き目に影響してくるので面倒くさがらずに変えてしまうことがおすすめです。

 

また、エアコンフィルターはカビや雑菌の温床になりがちなので、きれいにしておけば社内環境を清潔にすることができます

 

夏や冬といった、エアコンを頻繁に使う時期にエアコンが不調を起こすと大変です。

車のエアコンフィルターは常にきれいな状態をキープしておきましょう。

 


Sponsored Link

車のエアコンフィルターの交換費用はどれくらい?

お金 日本円 クレジットカード

 

車のエアコンフィルターを交換する時にどれくらい費用がかかるのか、気になりますよね。

エアコンフィルターの費用は大体2,000~5,000円です。

 

車のエアコンフィルターは車種によって品番が異なるため、持っている車に合わせて購入する必要があります。

 

エアコンフィルターを買う時は、車の車検証に書いている年式や型式をチェックしておきましょう。

ディーラーやカー用品で買うのが一般的ですが、最近はインターネットでも購入できます。

 

エアコンフィルターは基本的にその車種の純正品を使いますが、純正品以外のものを使って問題ありません。純正品より安いものもあれば、脱臭機能が付いているもの、花粉などをカットしてくれるものもあります。

 

おすすめは水洗いできるタイプのエアコンフィルターです。こまめに掃除すれば交換する頻度を減らせるので、コストパフォーマンスが良くなりますよ。

 

エアコンフィルターの交換、掃除のやり方は?

いよいよ車のエアコンフィルターを交換する方法についてお伝えします。

同時にエアコンフィルターの掃除方法もお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

エアコンフィルターの交換方法

まずはこちらの動画をご覧ください。

 

 

車種によってプロセスが変わる場合がありますが、基本的なやり方は動画の通りです。

 

エアコンフィルターを交換する時に開ける必要があるグローブボックスは、車種によって開け方が違いますが、ネットで検索すれば確認することができます。

 

お使いの車が輸入車や高級車の場合は気を付けてください。

万が一交換している時に部品をこわしてしまうと、修理代などでコストがかなりかさむことがあります。

 

自分でやるのが怖い時は、プロにお任せしましょう。

 

エアコンフィルターの掃除方法

エアコンフィルターを掃除する方法ですが、これはエアコンフィルターによってやり方が変わります。

 

エアコンフィルターには水洗いできるものとできないものがあり、純正品は水洗いできないものがほとんどです。うっかりやってしまうと大変なことになるので気を付けてくださいね。

 

水洗いできるものとできないもののやり方をそれぞれお伝えしますね。

・水洗いできるもの

普通のエアコンのフィルターを水洗いする時をイメージすればわかりやすいと思います。

 

マジックリンなどを溶かした洗浄液を作り、エアコンフィルターを浸します。汚れが落ちるように軽く揺り動かしたり、すすいだりしてあげればOKです。後は乾かせば大丈夫です。

 

注意点としては「力を入れ過ぎないこと」です。車のエアコンフィルターは変形しやすく、ごしごしこすったり、強い水圧を当てたりすると変形して使い物にならなくなってしまうおそれがあります。

 

・水洗いできないもの

エアコンフィルターについたほこりや小石などをはたきで軽く叩き落としてあげましょう。はたきがなければエアーをかけたり、市販のクリーニングキットを使用してください。

 

この場合も強い力を加えないようにしましょう。時短で掃除機をかける人もいるそうですが、エアコンフィルターにダメージを与えるおそれがあるのでおすすめできません。

 

ていねいに、優しくきれいにしてあげましょう。

 

エアコンフィルターの交換は無理のない範囲で!

車 点検

 

【関連記事】

エアコンを自分で取り外す方法。業者の場合や処分費用は?

エアコンが冷えない原因。風が冷たくないのは室外機の故障?

エアコン室外機の騒音の原因と対策。うるさい音を防止する方法

 

車のエアコンフィルターの交換は素人でも手順を踏まえれば簡単にできます。

しかし、力加減を間違えるとフィルターをダメにしてしまい、費用が余計にかさんでしまうことがあります。

 

お金はかかりますが、自信がなければ無理せずプロに頼むのも手です。

無理せず、できる範囲で愛車をお手入れしてあげましょう!