季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

キャンプ初心者の持ち物チェックリスト!子連れにおすすめは?

Sponsored Link

心者キャンプを楽しむ時に大事なのは、事前の準備です。

 

情報収集をしっかりして、自分に必要な持ち物を準備しましょう!

 

今回は、初心者がキャンプに持っていくべき持ち物リストです。

 

初心者が持って行くべきものもご紹介しますよ。

・キャンプ初心者の持ち物チェックリスト!
・必須のものやあると便利な持ち物は?
・子連れのキャンプ初心者におすすめの持ち物は?
・初めてのキャンプをする上での注意点は?

 

Sponsored Link

キャンプ初心者の持ち物チェックリスト!

キャンプ 初心者

 1.テント・テント用ロープ

絶対に必要なのが、テントですね。
キャンプ場でレンタルできる場合もあります。

 

2.タープ

日差しや雨を遮るために必要です。
テントに付属している場合もあります。

 

3.ペグ・ペグハンマー

テントやタープを張る時に必要になる杭のようなものがペグです。
ペグを打ち込む時にはハンマーも必要です。

 

4.グランドシート

テントの床部分に敷くシートです。
テントに付属している場合もあります。

 

5.シュラフ(寝袋)

キャンプ用の寝具です。
季節に合わせて選びましょう。

 

6.ランタン・懐中電灯

ランタンは、キャンプには欠かせない照明です。
ランタンには、ガス式・ガソリン式・LEDなどがあります。
火を使うのものの方が明るいですが、初心者にはLEDランタンがおすすめです。

 

7. クーラーボックス

 

8.調理器具

キャンプ 調理器具
着火剤・木炭・新聞紙など
BBQグリル
トング
軍手
食器
カトラリーセット(スプーン・フォーク・箸)
包丁・ナイフ・まな板
食器用洗剤
食器用たわし
アルミホイル・ラップ・ビニール袋・ゴミ袋・キッチンペーパーなど

 

9.食材

調味料や米を忘れがちなので注意しましょう。

 

10.テーブル・チェア

立って食べれば、無くてもなんとかなりますが、やはりあった方がラクです。

 

11.着替え・タオル・洗面用具

キャンプなので入浴はしないと割り切ってもいいですが、立ち寄り湯に行くなら入浴セットもあるといいでしょう。

 

12.雨具・防寒具

 

13.蚊取線香など虫よけ

 

14.ティッシュ・トイレットペーパー・ウェットティッシュ

 

必須のものやあると便利な持ち物は?

キャンプ 便利

 

火起こしにあると便利なもの

・チャッカマン・着火剤

マッチと小枝で着火出来るとカッコいいですが、初心者はチャッカマンや着火剤、新聞紙などを用意した方がいいでしょう。

 

・カセットコンロ

超初心者は、カセットコンロがあると便利です。
ちょっとお湯を沸かしたりも出来ます。

 

忘れがちな必需品

・タオル
・トイレットペーパー
・ティッシュ
・キッチンペーパー
・マジック
・ガムテープ
・アルミホイル
・ラップ
・ゴミ袋
・缶切り・栓抜き
・バケツ
・水タンク
・刃物

ハサミやカッターナイフなどがあると便利です。

 

カット済みの食材を持っていく場合でも、キッチンバサミはあった方がいいでしょう。

 

キャンプ テント

 

あると役立つもの

・洗濯ネット
洗った食器を干したり、野菜を川で冷やす時の袋にしたりできます。

 

・洗濯ばさみ・S字フック

ロープに物を干したり、吊るしたりするのに便利です。

 

・シャベル

 

女性が用意しておきたいもの

・日焼け止め
・化粧品
・パットつきキャミソール(夜間リラックスしたい時に)

 


Sponsored Link

子連れのキャンプ初心者におすすめの持ち物は?

子連れ キャンプ

・母子手帳
・お薬手帳
・体温計
・解熱剤
・ライフジャケット(水遊びをするなら)
・子供用虫よけ・かゆみどめ
・帽子(日射病予防)
・おやつ
・パンなど直ぐに食べられるもの
(火起こしや調理に手間取った時に、ちょっと食べられるものがあると安心)
・おもちゃ
花火・シャボン玉・フリスピー・虫とり網・釣竿など屋外向けのおもちゃを持っていくといいでしょう。

 

初めてのキャンプをする上での注意点は?

キャンプ 持ち物

 

初心者にありがちなトラブル

1.テントの張り方が分からない

テントは、一度覚えてしまえば簡単に張れるように作られています。

 

でも、順序を間違えると、けっこう面倒です。

 

また、新しく買ったテントを、開封してみたら、必要な部品が入っていなかった!なんてことも。

 

こういったトラブルは、公園などで試しに組み立てておくと防げます。

 

2.火がつかない

初心者が、小枝など自然のものだけで火起こしするのは難易度が高いです。

 

慣れるまでは、着火材、新聞紙、ガストーチ、火おこし器などを用意するといいでしょう。

 

3.寒さ対策(暑さ対策)を忘れた

キャンプは、夏休みというイメージがありますが夏のキャンプは暑さや虫との戦いです。

 

食中毒には気を使います。

 

初心者でも比較的快適に過ごせる、春や秋がキャンプデビューに適しています。

 

4.給油

山道でガソリンスタンドが見つからない!ということが無いようにしましょう。

 

また、何らかのトラブルの時に車が使えないと致命的です。
ガソリンが少ない状態でのキャンプは避けましょう。

 

車への積み込み方にも注意

キャンプ場 持ち物

 

【関連記事】

キャンプ料理の定番!子供も喜ぶ簡単おすすめ料理。冬場は?
楽しいバーベキュー(BBQ)!必須の持ち物と道具。食材はコレ!
絶対安心!バーベキューの食材はこれ!変わり種もおすすめ!
女子必見!バーベキューの持ち物と服装で好感度アップ!

20代・30代女子がバーベキューに行く服装!ママにもおすすめ!
超気楽!手ぶらバーベキューおすすめスポット関東編はこちら!
今すぐ出発!手ぶらバーベキュー人気スポット関西編はこちら!

夏休みのお出かけ関東編!子供も喜ぶ穴場や室内の遊び場。

夏休みお出かけ関西編!子連れで楽しめる穴場。雨でもOK?

 

今回は、心者がキャンプに持っていくべき持ち物リストをご紹介しました。

 

記事を参考に、忘れ物の無いようにしてください。

 

荷物を積み込む時には、キャンプ場でまず必要になるテントなどを一番手前に積み込と、設営がスムーズです。

 

キャンプ先での行動を考えながら、準備してくださいね。

Sponsored Link