季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

絶対安心!バーベキューの食材はこれ!変わり種もおすすめ!

今回の記事は「バーベキューにおすすめの食材はどんなもの?」

「いつものバーベキュー食材に飽きちゃった。変わったバーベキュー食材はある?」と考えている方におすすめです。

 

バーベキューは皆で作って食べるので、とても美味しいですよね。

そんな時に食材選びに迷うのはよく分かります。

 

主に作り易くて美味しいものならですよね。

しかし、それだけではないんです。

 

その他にも簡単に美味しく作れる食材があるんですよ。

 

そこで今回は「バーベキューの定番の食材と変わり種」などを幾つかご紹介したいと思います。

 

・これを持っていけば確実!バーベキューに絶対必要な定番食材は?
・ちょっと変わった食材もあると盛り上がる!おすすめは?
・4人家族で持っていく量は?大人一人と子供一人の分量基準は?
・バーベキューに欠かせないものは調味料!おすすめは?

 

Sponsored Link

これを持っていけば確実!バーベキューに絶対必要な定番食材は?

 

メイン

牛肉、豚肉、鶏肉、ハム、ソーセージ、ベーコン、フランクフルト

 

魚介

魚、貝、エビ、イカ

 

炭水化物

おにぎり、焼きそば、フランスパン、ピザ生地

 

野菜

ニンジン、キャベツ、レタス、玉ねぎ、しいたけ、なす、トマト、ネギなど

 

焼くだけなので、とても簡単につくれますよ。

 

盛り付けの色どりも考えて綺麗に盛り付けましょう。

より美味しく感じられます。

 

ちょっと変わった食材もあると盛り上がる!おすすめは?

 

・ラムチョップ・タコス・フルーツケバブ

 

・焼きフルーツ・チーズフォンデュ・オムレツ

 

・パエリア・和牛のたたき・かつおのたたき

 

・ハンバーガー・チキンティッカ

 

・アヒージョ・バームクーヘン

など

 

大人数の場合は、豚一匹丸ごともっていって、焼いて食べたり、サンマや旬の魚を一匹丸ごと持っていったりすると、大盛り上がりしますよ。

 

家でそんな大胆な料理できないですよね。

バーベキューの機会にチャレンジしてみて下さいね。

 


Sponsored Link

4人家族で持っていく量は?大人一人と子供一人の分量基準は?

 

「一人どれくらいの量を持っていったら良いの?」なんてよく迷いますよね。

 

一人ひとり食べる量も変わってくるので、はっきりとこのくらいとは言えませんが、だいたい大人一人で肉は200g、子人一人100~150gと考えれば良いでしょう。

 

ということは、トータルで600~700gの肉の量になります。

野菜やデザートを食べるならこれくらいの量で考えておくことが理想的ですよ。

 

暖かい時期にするバーベキューは、食材も腐りやすくなっているので、食べられる分量で持っていくのがベストです。

 

バーベキューに欠かせないものは調味料!おすすめは?

 

バーベキューに調味料は絶対欠かせませんよね。

色んな味で楽しむと、より美味しくなり皆で盛り上がれるはずです。

 

これだけは持っていきたい調味料

オリーブオイル・醤油・油

野菜ドレッシング・塩・胡椒・焼肉のたれ

 

あると尚嬉しい調味料

マヨネーズ・ケチャップ・からし・オイスターソース

 

これだけあれば、不自由なことはないでしょう。

 

上記の調味料だけでは足りない場合は、たれを作ってみても面白いですね。

また、塩を岩塩にしたりしてこだわると尚美味しくなります。

 

調味料で荷物がかさばる場合は小分けのケースやタッパーに入れておくと荷物も少量で済みますよ。

 

バーベキューの食材選びは食べることだけではありません。

 

【関連記事】

楽しいバーベキュー(BBQ)!必須の持ち物と道具。食材はコレ!

女子必見!バーベキューの持ち物と服装で好感度アップ!

超気楽!手ぶらバーベキューおすすめスポット関東編はこちら!

今すぐ出発!手ぶらバーベキュー人気スポット関西編はこちら!

芝桜の名所と見頃の時期。関東、東海の場所は?関西はどこ?

浜名湖の潮干狩り。無料の穴場は?弁天島、村櫛など。

 

いかがでしたか。

「バーベキューの定番の食材と変わり種」を幾つかご紹介しましたが、作ってみたいものはありましたか?

 

バーベキューの食材選びには、食べたいものを持っていくということが第一ですが、仕込みしておけるか、作る時は簡単に美味しく作れるか、ゴミが多くならないかということも頭にいれて食材を選ぶとより楽しいバーベキューになりますよ。

 

また、家の感覚とは違い火加減に影響されたりします。

またそこも楽しいところですよね。

 

自然の中で作るご飯を楽しんでくださいね。


Sponsored Link