季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

芦屋花火大会2017の穴場スポット。サマーカーニバルの駐車場は?

芦屋花火大会2017の穴場スポットやサマーカーニバルの駐車場情報などについてお届けしますね。

 

兵庫県芦屋市では、毎年7月下旬になると、市民による花火大会、芦屋花火大会が開催されます。

 

芦屋花火大会の正式名称は「芦屋サマーカーニバル」。地元では「サマカ」と呼ばれている、芦屋の夏の風物詩です。

 

昼間はさまざまなステージや縁日、夜は色とりどりの花火と、お祭りモード一色で1日中楽しめるのも魅力です。音楽とコラボによる芦屋名物の3D花火も要注目。

 

今年も参加型花火が芦屋浜を大いに盛り上げることでしょう。

それでは、芦屋サマーカーニバル2017の日程や花火の穴場スポットなどについて下記のテーマに沿ってご紹介していきます。

 

・芦屋花火大会2017の日程と見どころは?
・芦屋花火大会おすすめの有料観覧席
・芦屋花火大会の穴場スポット情報
・芦屋花火大会のアクセス・駐車場情報。混雑状況について

 

Sponsored Link

芦屋花火大会2017の日程と見どころは?

日程2017年7月22日(土)

 

・雨天の場合

サマーカーニバルは雨天決行。花火大会は小雨決行、荒天の場合は中止。当日16時の状況で判断されます。

 

・主なイベントスケジュール

芦屋花火大会:19:45~20:30

芦屋市民ステージ:13:00~21:30

芦屋市民縁日:13:00~21:30

縁日ストリート:13:00~21:30

KISS FM スプラッシュガーデン:13:00~21:30

キッズサッカー大会:10:00~13:30

 

潮芦屋の砂浜に打ち上がる3D花火

芦屋 花火

 

2017年で第39回を数える芦屋花火大会は、ビーチで打ち上げるため、海とのコラボが美しいことで知られています。

 

毎年変わるコンセプトに沿って、一味違う花火が楽しめることでも有名。和太鼓とのコラボや3D花火など多彩。そして約6,000発ものたくさんの花火が芦屋の海上を彩ります。

 

夜の砂浜を色とりどりの花火が幻想的に包み込み、思わずうっとり眺めてしまうことでしょう。海面に映り込む花火にも注目したいところです。

 

メッセージ花火やプロポーズ花火が夜空に舞う

 

芦屋サマーカーニバルのフィナーレを飾るのにふさわしい、魅力ある花火が毎年観客を盛り立てます。恒例となっているメッセージ花火プロポーズ花火が芦屋浜を鮮やかに照らすと、観客から大きな歓声が上がります。

 

メッセージ花火は、特定の人へのメッセージを披露した後に、4号玉、2.5号玉の単発を10発ほど上げる、プライベート花火。観覧券2枚付きで30,000円ほどで上げることができます。

 

プロポーズ花火は会場でプロポーズをした後に4号玉のスターマインが打ち上がる仕組み。カップル観覧席と、プロポーズの様子や花火を撮影した記念DVD付きです。

 

プライベートな花火でプロポーズなんて素敵ですね!

この演出を楽しみにしている人も多く、おしゃれな曲が流れて会場の観客も大いに盛り上がりますよ。

 

屋台情報

会場内に170店舗の屋台が出店します。営業時間は13時より21時ころまで。

早い店は1時間前より店じまいを始めますので、屋台を楽しむなら20時までがいいですよ。

 

芦屋 花火

 

芦屋花火大会のおすすめの有料観覧席

 

芦屋花火大会では様々なプランの有料観覧席が設けられています。

せっかくの花火、近場で臨場感あふれる花火を楽しみたい方にはおすすめです。

 

前売りのみの特別席

花火を正面から観られる特別席はローソンチケットやローソン店頭(ロッピー)、協賛店店頭などで入手できます。特別席は全部で5種類。内容とお値段をご紹介します。砂浜観覧席と一般観覧席はこの後に記載しています。

 

打ち上げ花火

カップル観覧席

ペアシート・豪華お弁当・フリードリンク付きで2人で21,000円。

 

特別観覧席S席・A席

特別観覧S席は、イスとテーブル、お弁当+フリードリンクが付いてお1人10,000円。特別観覧A席はイスとテーブル、フリードリンクが付いてお1人6,000円です。

 

焼肉観覧席

有料席のイチオシは焼肉観覧席。イスとテーブル、焼肉セット+フリードリンクが付いてお1人11,000円。

 

焼肉とビールを楽しみながら花火を観覧。夏を満喫できる贅沢なお席です。

親しい仲間と一緒にいかがでしょう。楽しいひと時を過ごせること、間違いナシですよ。

 

グループ観覧席

イスとテーブルのみですが、6名で申し込めるならブループ観覧席もおすすめ!一般観覧席より花火に近い会場で楽しむことができます。

 

6名で20,000円ほどなので、レジャーシート付きの一般観覧席を申し込むことを考えたらお得だと思いますよ。

打ち上げ花火

 

一般席

一般席は前売りもありますが、当日券もあります。4種類のプランがあるのでご紹介していきますね。

一般観覧席、障がい者観覧席

クッションシート付きの一般観覧席は、お1人前売り2,500円、当日3,000円。

障がい者観覧席は、障がい者手帳を提示する必要があります。芦屋市内の方は無料、市外の方は500円です。

 

砂浜観覧席

砂浜観覧席はお1人1,000円(小学生以下は無料)。イスやテーブル、レジャーシートはありませんので、各自用意する必要があります。

 

砂浜に入場するので、足元が気にならない履物でご来場下さいね。価格がお手ごろですし、海上に上がる花火を間近で見ることができるのでおすすめですよ。

 

大勢で楽しむパーティープラン

この他、事前応談で30名、50名の花火パッケージや50名、100名のパーティープランなどもあります。こちらは事務局で受付けていますので、会社や団体などでご利用下さいね。

 

芦屋市民まつり協議会 事務局 TEL:0797-35-0871

花火 大輪

 


Sponsored Link

芦屋花火大会の穴場スポット情報

芦屋花火大会の花火を鑑賞できるスポットをいくつかご紹介しますね。

 

打ち上げ会場から近いほど混雑は必須。遠くなるほど混雑は緩和されますが、見える花火は小さくなってしまいます。条件に合ったスポットを探してみて下さいね。

芦屋市総合公園、潮芦屋緑地

総合運動公園が無料の花火観覧広場として開放されています。広い芝生がありますので、ここより花火を観覧することができます。 

サンシャインワーフ神戸と駐車場


打ち上げ会場から深江浜を挟んで約1km離れた距離にあります。広いテラスと駐車場があるので、花火だけを楽しむなら良いスポットでしょう。

 

西宮大橋・御前浜公園・西宮浜総合公園 


打ち上げ会場から約2~3Km離れた距離にあります。花火は小さくなってしまいますが、混雑が無いので車を利用する場合には良いと思います。

 

 

渦森台(うずもりだい)


渦森台という地名です。打ち上げ会場方面を向いた高台にあるので、花火を観ることができます。会場より3.5Kmほど離れているので、かなり小さくはなりますが、混雑はほぼありません。

 

リゾ鳴尾浜


打ち上げ会場から5kmほど遠くなりますが、海上で遮蔽物が無いので、小さいながらも良く観ることができます。

 

六甲山山頂、六甲ガーデンテラス展望台 


六甲山山頂の六甲ガーデンテラス展望台からも、芦屋花火大会の花火を観覧することができます。打ち上げ会場から8kmほど離れているのでかなり小さいですが、百万ドルの夜景とのコラボレーションを楽しむことができるので、違った意味でおすすめかも知れませんね。

 

保久良神社、金鳥山


穴場中の穴場と言えるのが保久良神社と、その背後にある金鳥山。打ち上げ会場から約3km、高台にあり夜景と花火を観覧することができます。六甲山ほど花火が小さくなく、夜景も観れて、西宮大橋と違って遮蔽物もありませんので、下の方まで観れます。

 

つづら折のかなり急勾配を登ることになるので、あまり人も居ないと思います。日没後に登るには、足元を照らすライトが必要なので、持参して下さいね。

あしや花火大会 船上

 

芦屋花火大会へのアクセス・駐車場情報。混雑状況について

会場:芦屋市総合公園・潮芦屋ビーチ・潮芦屋緑地

住所:兵庫県芦屋市陽光町

電話:0797-35-0871(NPO法人芦屋市民まつり協議会 )

地図:

公式HPはこちら

 

電車の場合:阪神芦屋駅より徒歩30分

周辺の交通渋滞緩和のため、シャトルバスの運行が無くなりました。路線運行バスの増発もありません。芦屋駅より、交通規制で歩行者専用となった道路を、30分かけて徒歩で向かうことになります。時間に余裕を持ってお出かけ下さいね。

 

車の場合:車での来場不可

 

芦屋花火大会

 

芦屋サマーカーニバルは日中いろいろなイベントやっているので、早い時間から行っても時間を潰すことができます。お昼頃に場所取りを兼ねて行ってもいいでしょう。

 

最寄りの阪神芦屋駅から花火会場までは徒歩30分と結構距離があります。真夏の炎天下の中なので、飲み物や日焼け対策をしておいたほうが良いでしょう。阪神芦屋駅からタクシーで会場に向かおうと思ってもなかなかタクシーは来ないので歩くのがベストです。

 

できれば17:00頃には芦屋駅に到着して、会場に向かうことをおすすめします。遅くても18:00過ぎには主な観覧エリアである潮芦屋緑地に到着しておきましょう。トイレは19:00までに済ませておくほうが良いです。

 

帰りはほとんどが阪神芦屋駅に向かうので大混雑します。少しでも混雑を避けるのであれば、JR芦屋駅や阪急神戸線の芦屋川駅を利用する方法もあります。

 

芦屋 花火

 

駐車場

芦屋花火大会に関する臨時・特設駐車場は設けられません。周辺に駐車場が無いので芦屋駅周辺の有料駐車場の利用となりますが、大変な混雑が予想されます。芦屋駅より少し離れた場所より、パーク&ライドすることをおすすめします。

 

交通規制

18時から24時まで阪神芦屋駅から会場への道路が車両通行規制・歩行者道路となります。通行規制道路を運行するバスは迂回運転となりますので、ご注意下さいね。

 

 

交通規制細部情報はこちらよりダウンロードできます。

 

芦屋花火大会

 

混雑状況

芦屋サマーカーニバルの人出は、例年10万人弱。そのほとんどが花火を鑑賞すると考えられますので、会場は相当な混雑です。芦屋駅よりの交通手段が徒歩しかありませんので、片道30分ほど、混雑の中を歩く覚悟は必要です。

 

花火が終了すると、10万人の人が一気に帰途につきますから、帰りは往路以上に混雑します。混雑を避けたい方は、穴場スポット情報をご参考下さいね。

 

イベント、花火と夏のお祭りをたっぷり満喫!

あしや花火大会

 

【関連記事】

PL花火大会の日程とアクセス。穴場は?打ち上げ数は?

なにわ淀川花火大会日程と穴場。有料席以外の場所は?

みなとこうべ海上花火大会の穴場。場所取りは何時から?

猪名川花火大会の穴場スポット!屋台を楽しみながら鑑賞。

天神祭花火の日程と打ち上げ場所。穴場スポットはココ!

京都祇園祭の日程とスケジュール。宵山、山鉾巡行(前後祭)

 

屋花火大会についてご案内いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 

芦屋花火大会は、日中から打ち上げ直前まで、音楽やお笑いライブ、縁日の屋台などで楽しめるイベント満載です。

 

フィナーレを飾る花火は音楽と花火のコラボで美しく夜空を彩ります。

真夏のビーチから上がる花火はお祭り気分も満点ですね。

 

今年の夏は、ぜひ芦屋花火大会を満喫してくださいね!