季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

足の指が腫れて痛い!病気?原因と対処法

「なんだか靴がきつく感じる。しかも痛い・・・」

「気が付いたら、足の指が腫れている。何かの病気?」

 

突然足の指が痛み出したらすごく不安になりますよね。

 

足の指の腫れと、痛み、その足の指の腫れと痛みの原因はどういうものでしょうか。

 

ひょっとすると大病が隠されているかもしれない、足の指の腫れと痛みの原因や症状、そして治療法、予防法などを下記のテーマ順にご紹介していきたいと思います。

 

・足の指が腫れて痛い!糖尿病が原因?症状と治療法、予防方法は?
・足の指が腫れて痛い!更年期障害が原因?症状と治療法、予防方法は?
・足の指が腫れて痛い!痛風が原因?症状と治療法、予防方法は?

 

Sponsored Link

足の指が腫れて痛い!糖尿病が原因?症状と治療法、予防方法は?

足の指が腫れて痛い場合、原因はいくつか考えられます。

 

そのひとつ目は、糖尿病の場合です。まずは糖尿病はどんな病気なのかをご説明します。

 

 

糖尿病は、簡単にいうと、体にブドウ糖を上手に取り入れられない病気です。

 

血糖を調整するホルモンであるインスリンが足りなくなり、血液中にブドウ糖があふれてしまうのです。

 

糖尿病になると、足の指が腫れて痛くなる場合があります。

 

糖尿病のおもな症状

①のどの渇き
②尿の量・回数が増える
③急激な体重減少や増加
④倦怠感・疲労感
⑤目のカスミ(視力障害)
⑥尿に糖が出る
⑦立ちくらみ
⑧手足のしびれ
⑨性欲減退
⑩月経異常

糖尿病の治療法

①食事療法:医師の指導による、バランスの取れた食事
②運動療法:医師の指導による、適度な運動
③薬物療法:インスリン注射など

予防法

①1日3食バランスよい食事
②有酸素運動(水泳、エアロビ、ウォーキングなど)
③糖尿病予防に有効なお茶、サプリメントなどを飲む

 

腹八分目にバランスよい食事をし、適度な運動をすることが大切です。

 


Sponsored Link

足の指が腫れて痛い!更年期障害が原因?症状と治療法、予防方法は?

更年期障害

 

考えられる原因の2つ目は更年期障害です。

 

更年期障害とは45~55歳の閉経時期に生じる、自律神経失調症状と精神症状の関係で起こる不定愁訴のことです。
今では男性にも起こることが知られています。

更年期障害が原因で、指の腫れと痛みが表れる場合があります。

 

更年期障害のおもな症状

①ホットフラッシュ(顔ののぼせ、ほてり)
②憂鬱
③肩こり

更年期障害の治療法

①生活習慣・環境の改善
②ホルモン補充療法
③薬物療法
④精神療法

予防法

①栄養バランスの良い食事など食生活の見直し
②ビタミン群の摂取 ビタミンE、B1など
③適度な運動習慣(有酸素運動)

 

栄養バランスの良い食事をし、適度な運動をすることが大切です。

 


Sponsored Link

足の指が腫れて痛い!痛風が原因?症状と治療法、予防方法は?

 

考えられる原因の3つ目は痛風です。

 

痛風とは、体の中の尿酸値が増加し、関節などが強く痛む病気です。

 

痛風が原因で、指の腫れと痛みが表れる場合があります。

 

痛風のおもな症状

①急性関節炎:足の親指の付け根の関節などが赤く腫れ痛む
②関節の変形:関節が変形する
③痛風結節:耳たぶの上や縁などに小さなこぶやしこりができる
④腎障害:腎臓の障害

痛風の治療法

①薬物療法
②食事療法

 

プリン体をたくさん含む食品の摂取は控え、アルコールや塩分も控えめにしましょう

 

栄養バランスの良い食生活が大切です。

 

芝生 足

 

【関連記事】

くるぶしの痛みの原因と改善方法まとめ!内側や外側の場合は?

 

もし足の指が腫れて痛かったら、これらの病気の可能性もあります。

 

その他の症状なども考慮にいれつつ、早めに医師に相談するなどして治療をすることをおすすめします。

 

どの病気もバランスの良い食生活や適度な運動が予防になりますので、日頃から気を付けるようにしてくださいね。


Sponsored Link