季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

あせもの原因と症状。大人、子供。原因はストレスや食べ物?

夏になると、ちょっと近所のスーパーに行くだけでも、たくさんの汗をかいてしまいますよね。

 

子供だけではなく、大人でも汗をかいて、蒸れやすい場所にあせもができてしまいます。

 

一度あせもができると、涼しくるまでなかなか治りませんよね。かゆいから、ついついかいてしまえば、痕が残ってしまいます。

 

子供なら、汗もがかゆくて、なかなか寝つけないかもしれません。

 

あせもができる原因は、なんでしょう。食べ物やストレスが関係するのでしょうか?

 

今回は、あせもの原因と症状、予防について以下のような順番でまとめていきます。

 

・あせもの原因って?
・大人のあせもの症状は?
・子供のあせもの症状は?
・ストレスはあせもの原因になるの?
・あせもを予防するには?

 

Sponsored Link

あせもの原因って?

あせも

 

あせもは、どうしてできるのでしょうか?

 

夏の暑い時期には、汗をいっぱいかきますよね。汗を出すことで、体は体温を調節しています。

 

汗をかくのはいいのですが、汗菅に汗が溜まったままになると、そこが炎症をおこして、あせもの原因となってしまいます。

 

上手く排出できないまま、汗を出し続けることがよくないのです。

 

 

もう一つの原因は、汗を養分としている黄色ブドウ球菌が、増えすぎて繁殖することです。黄色ブドウ球菌は、常に皮膚に存在しています。

 

すぐに、着替えたりシャワーを浴びれば防げますが、なかなかそんな時間はとれませんよね。

 

家に帰って、寝る前にきちんとケアすることで、あせもを予防しましょう。

 

子供のあせもの原因は?

子供 母親

 

子供の体は小さいけど、汗菅は大人と同じだけあります。だから、子供は汗をいっぱいかくのですね。

 

特に、オムツの中は汗が乾きにくく、汗菅がつまりやすい状態ですよね。股の間に、あせもができると、なかなか治りません。

 

お母さんは、こまめに汗を拭いてあげてくださいね

 


Sponsored Link

大人のあせもの症状は?

汗をかいている女性

 

あせもは、おでこ・首周り・肘の内側・膝の裏側・お腹周り・おしりなどの汗の乾きにくい部分に、できやすいですよね。

 

女性なら、胸の下側に汗がたまって蒸れやすいので、あせもの原因になってしまいます。

 

あせもの症状は、種類によって違います。

 

赤い小さいブツブツができて、かゆみのある紅色汗疹(こうしょくかんしん)。

 

透明の小さな水ぶくれのできる水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)。このあせもの症状は、かゆみもないので気づきにくいです。

 

あまり日本では流行りませんが、深在性汗疹(しんざいせいかんしん)というものもあります。このあせもの症状は、皮膚の深いところでできて、白っぽく扁平なものです。

 

 

あせもの症状によって、治し方も違います。もし、市販の塗り薬を買うのなら、あせもの症状を見て購入してくださいね。

 


Sponsored Link

子供のあせもの症状は?

子供

 

皮膚が大人よりもまだ成長しきっていない子供はあせもになりやすいです。

 

だいたい、中学生くらいになると、皮膚のバリア機能も発達してきすが、小さい子供は肌が薄く柔らかいですよね。

 

透明のあせもなら、大人の症状と同じで、かゆみや痛みがなく、2~3日で治ってしまいます。でも、赤いブツブツのあせもができたら、1~2週間は治るまでにかかります。

 

かゆいと子供はどうしても、我慢できずかいてしまいますよね。かきすぎて血が出ると、そこからバイ菌が入らないか心配です。傷口から黄色ブドウ球菌が入ると、とびひになる恐れもあります。

 

とびひになると、身体中に広がって、うつりやすいので、学校も休まなければいけません。そうなってしまう前に、あせもには早めの対処が必要ですね。

 

ストレスはあせもの原因になるの?

 

ストレスで、あせものような湿疹がでる人もいますよね。

 

原因は、あせもと違い汗腺がストレスで閉じてしまい、そこに汗が溜まって炎症を起こしいるからです。ストレスで、あせものような湿疹がでる人もいますよね。

 

暑くて、汗をいっぱいかきすぎてできるあせもとは、対処法も違ってきますよね。

 

自分では、なかなか見分けがつかないので、あまりに長くあせものような湿疹が続くときは、皮膚科を受診するといいと思います。

 

ストレスが原因なら、気分転換やリラックスで改善する方法を見つけて治しましょうね。

 

あせもの原因になる食べ物って?

あせも 原因 食べ物

 

食べ物とあせもの症状は関係があるのでしょうか?

 

汗をかくと、その中に肌がかぶれやすくなる金属が含まれていると、汗腺に溜まったときに、あせもの原因になります。

 

金属を含む食べ物は、玄米・そば・ほうれん草・海草・豆類・レタス・キャベツ・じゃがいもなど、普段から食べている食材です。

 

体にはいいので、食べてもきちんとケアをしていれば、あせもも予防できます。

 

他には、香辛料やチョコレート・ワイン・ココアにも含まれています。覚えておいて、食べ過ぎないようにしましょうね。

 

 

あせもを予防するには?

 

一度できると、あせもの症状は治まりにくいです。夏の間は、ずっとかゆさに悩まされるのも辛いですよね。

 

あせもができないように、毎日の生活で予防することが大切ですね。

 

大人は、しょっちゅう着替えたり、シャワーを浴びることはなかなかできないものです。たくさん汗をかいたら、少しハンカチを濡らして拭き取るなど、肌を清潔に保つよう心がけましょうね。

 

お風呂上がりに、汗をかくと、またあせもの原因を作ってしまいます。お風呂の温度もぬるめにして、浸かりましょう。

 

女性 お風呂

 

そして、常温の水を飲むことで、体の中をきれいにしてください。こまめに、水分補給をしてサラサラの汗を出すように心がけましょうね。

 

朝起きると、コップに一杯のお水を飲むようにするといいですね。

 

子供

 

【関連記事】

あせもの治し方。子供や赤ちゃんに効く薬。大人の対処法は?

赤ちゃんのあせも対策。予防におすすめの薬。効果的な治し方。

汗かき(多汗症)の原因と治す方法。食べ物や漢方薬で改善しよう!

赤ちゃんの暑さ対策。部屋、外出先での上手な体温調節方法。

 

子供が外で遊んで汗をかいたら、シャワーをして着替えさせてあげましょう。あせもが、ひどくなったらヒリヒリしてかわいそうですよね。

 

出かけるときは、新しいシャツを一枚持ち歩くといいかもしれません。

 

オムツを変えるときも、少し扇風機で乾かしてから新しいものにはきかえると、あせもの予防になります。

 

肌を清潔にしておくことで、あせもの予防になります。痕が残ってしまわないように、こまめにケアしてあげましょうね。


Sponsored Link