季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

赤川花火大会2017の穴場とおすすめホテル。駐車場の空きは?

赤川花火大会は鶴岡の夏の風物詩。

毎年30万人以上の人で賑わう、山形の一大ビッグイベントです。

 

赤川花火大会は、約12,000発の花火が上がり、見ごたえがあります。

しかも、普通の納涼花火大会と違って花火競技大会ですから、花火師さんが力を入れてデザインした花火を見ることができるんです。

 

斬新な発想で個性豊かな演出が楽しめるとあって、日本の花火100選でもベスト10入りするほどの人気の花火大会なんですよ。

 

ハイレベルな花火ばかりが打ち上がるうえ、音楽でも盛り上げてくれますから、テンションあがること間違いなし!

 

広い打ち上げ会場をフルに活用したダイナミックな花火大会。

そんな赤川花火大会の見どころや穴場スポットなどを、下記の流れでご紹介していきますね。

 

・赤川花火大会2017の日程と見どころ。雨天の場合は?
・赤川花火大会の有料観覧席の取り方と料金
・赤川花火大会の穴場スポットは?
・赤川花火大会を楽しめるおすすめホテルは?
・赤川花火大会のアクセス方法と駐車場情報。混雑状況について。

 

Sponsored Link

赤川花火大会2017の日程と見どころ。雨天の場合は?

 

日程:2017年8月19日(土)19:00~21:00

 

小雨決行(荒天時は次の日に延期)。

土曜日開催ですから、週末を利用して遊びに行きやすいですね。

 

他では味わえないド迫力を体感!

赤川花火大会

 

打ち上げ場所は赤川河畔を使用した広大な敷地。全長700mという大きさを利用して、夜空いっぱいに大輪の花火がどんどん打ち上がります。

 

普通の納涼花火大会と違って競技花火大会ですから、花火師さんが趣向を凝らした、デザイン花火が楽しめます。

演出も凝っていて、ミュージカル花火と呼ばれる音楽と花火を融合させたショーは有名なんですよ。

 

全国の花火師たちが腕をふるって作り上げた、数々のデザイン花火が次々と夜空に打ち上がると観客のボルテージも上がっていきます。

 

全長700mに開花する花火のパノラマは圧巻の一言。

恒例の大スターマインはド迫力で、カメラに収まらないほどです。

 

音楽と花火のコラボや斬新な発想の花火など、花火師たちの緻密な技と演出が大いに楽しんでくださいね。

 

翌日の21日には「おいやさ祭り」という盆踊りが行われますから、一泊して一緒に楽しんでもいいかもしれませんよ。

 

屋台

赤川河川敷にたくさんの屋台がでます。

花火打ち上げ直前は混み合いますから、屋台を楽しみたいなら15時くらいからまわるといいですよ。

 

屋台以外では、フルーツショップ青森屋の、“桃とルビーの生ジュース”や“フルーツタルト”がおすすめです。季節の果物を使用しているので、フレッシュさ抜群で美味しいですよ。

 

赤川花火大会の有料観覧席の取り方と料金

インターネットで購入可能です。

・リピーター販売は6月12日~

・一般販売は7月1日~

詳細は赤川花火大会実行委員会に問い合わせるとすぐに分かると思います。

 

確実に席を確保したい場合、20,000円以上協賛金を寄付すると6月11日より前に特別観覧席を購入可能です。

 

地元の人はイオン三川&エスモールで、6月26日~地元先行予約会があります。

升席 23,000円~11,000円(六名席)

椅子席 カップル席 12,000円~10,000円(二名席)

椅子升席  3,500円(一名席)~11,000円(四名席)

 


Sponsored Link

赤川花火大会の穴場スポットは?

 

赤川花火大会は、打ち上げ会場が広く幅700メートル。

ですから、場所取りにもそれほど困らないでしょう。

今回は、視界を確保しやすいスポットを紹介します。

三川橋近辺

比較的人混みが少なくて、場所取りしやすいです。視界が開けているので、花火観賞しやすいですよ。

 

 

 

鶴岡市立朝暘第五小学校のグランド

ここは花火の打ち上げ場所の真正面。グラウンド越しなら視界をジャマされずに花火を見られます。

 

 

 

鶴岡東公園

ここもおススメの穴場スポットですよ。

 

 

花火を楽しめるおすすめのホテルは?

花火大会をフルに楽しむなら、会場まで徒歩で行くことができるホテルがいいですよね。

最寄駅の鶴岡駅周辺にはビジネスホテルを中心にたくさんホテルがありますから、そのホテルを予約するのが一番です。

 

が、なかなか個人では予約はとれません。有名な花火大会なので、旅行会社がツアー客の為に押さえてしまうんです。

 

会場近くに泊まりたい場合は、ツアー会社経由で問い合わせてみて下さい。

少し離れた余目駅や酒田駅周辺のホテルなら、個人でも予約しやすいです。

 

赤川花火大会のアクセス方法と駐車場情報。混雑状況について。

アクセス情報と混雑予想

花火大会会場は、鶴岡市伊勢原町8-5 赤川河川敷(羽黒橋~三川橋間)

 

電車で行く場合

JR羽越本線鶴岡駅から徒歩15分(JR鶴岡駅から臨時バスも運行)

 

けっこう混雑します。行きは朝から現地入りする人、夕方から見物に来る人とバラバラなのでそれほどでもないようですが、帰りはかなり混みます。花火大会終了直後はあまり慌てて動かない方がいいでしょう。

車で行く場合

山形自動車道鶴岡ICから県道332号・国道345号を経由し、国道112号を庄内町方面へ車で6km

 

例年、午後には会場周辺に交通規制がかかります。車で移動するなら、時間に余裕を持って午前中に到着した方が無難です。

 

無料駐車場情報

会場から徒歩30分ほどの場所には、例年500台分の無料駐車場が用意されます。

また、会場周辺にも複数の有料駐車場が点在しています(駐車料金は2,000円)。

・マーレエンジンコンポーネン ツジャパン(株)鶴岡工場

・ティービーアール(株)

・オリエンタルモーター(株)鶴岡中央事業所

・(株)ミラノ・ダンディ 共栄

・(株)シンクロン 鶴岡工場

 

楽しめて感動できる極上のエンターテインメント

赤川花火大会

 

【関連記事】

長岡花火大会の穴場スポットやホテル。観覧席の取り方は?

仙台七夕花火祭の日程や時間。交通規制や穴場スポット!

大曲の花火の日程と見どころ。おすすめの穴場や宿泊所は?

西馬音内盆踊り日程と見どころ。桟敷席、宿泊所情報。

 

川花火大会の見どころと穴場スポットをご紹介しました。

 

花火開始から見どころ満載の素晴らしい花火ばかりですが、エンディングの凄さは実際に見るととても凄いですよ。感動間違いなしです。

 

花火マニアの間でも有名な花火競技会ですから、足を運ぶ価値ありですよ。

今年の夏は、山形県鶴岡の赤川花火大会をぜひ見に行ってみて下さいね。