季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

赤ちゃんの高熱(38度以上)対処方法。冷やし方やお風呂の入れ方

朝からなんだかぐずぐず。母乳も飲んでくれないし、離乳食も進まないみたい。

 

お昼寝も何だかいつもよりない長くて心配。と思って赤ちゃんに触れてみたら何だか熱い。。。

 

生まれて初めての発熱、心配ですよね。

 

今回はそんな赤ちゃんの急な発熱時に、ママがとるべき対処法ついてご紹介していきたいと思います。

 

・赤ちゃんの様子を冷静に観察しましょう
・赤ちゃんが高熱でなかなか下がらない時の冷やし方や対処法は?
・熱がある赤ちゃんの服装はどうすればいい?手足が冷たい場合の対処は?
・赤ちゃんが元気でも熱がある時は病院に行ったほうがいいの?
・赤ちゃんに熱があるときでもお風呂に入れて大丈夫?

 

上記のテーマに沿って書いていきたいと思います。

 

Sponsored Link

赤ちゃんの様子を冷静に観察しましょう

熱が上がればあがるほど心配になってしまいますね。

 

でも、まず大切なのは落ち着いて赤ちゃんをよく観察すること。

 

毎日お世話をしているからこそ気付けるちょっとした情報が、病院に連れて行った際にも大切な情報になります

 

忘れないようにメモを取っておくのも大切です。

 

熱のほかにいつもと変わった点はないか観察する

・嘔吐を繰り返す

・呼吸が苦しそう

・目の充血がある

・表情が乏しい

・赤い発疹や水ぶくれが出ている

 

などの症状があり、見ていても明らかに元気がなく苦しそうな時は、すぐにでも病院に連れて行ったほうが良いと思います。

 

また、心配でどうしたらよいかわからないというときは、地域の救急相談の電話窓口に相談してみるのも一つの方法です。

 

医師や看護師、救急の知識のある方が電話で相談に応じてくれます。

 

パソコンやスマートフォンで簡単に調べることができるので、緊急時に備えておくのもよいですね。

 

いつもと違った行動をしていなかったか思い出して整理しておく

夏なら炎天下長時間お外で水遊びをしていなかったかとか、冬なら厚着をさせて車に乗っていてエアコンを効かせすぎていなかったかなど、

 

赤ちゃんが発熱しやすい状況下にいなかったかよく思い出し、これもメモをしておくとよいと思います。

 

メモ帳

 

2~3日の予定や、周りで流行っている病気(ノロ、ロタなどの胃腸炎、インフルエンザなど)は病院でもよく先生に聞かれます。

 

よく覚えていたつもりでも、赤ちゃんが泣きだしたりしてしまうと慌ててしまい伝え忘れてしまう事が多々あります。

 

紙とペンでなくても、携帯やスマホの機能を使うのもおすすめです。

 


Sponsored Link

赤ちゃんが高熱でなかなか下がらない時の冷やし方や対処法は?

 

お熱が出ると、どうしてもおでこを冷やしたくなりますが、おでこを冷やすのは実はあまり効果がないそう。

 

「じゃあどうして、おでこを冷やすの?」って、それは単純にきもちがいいからなんだとか。

 

具合が悪いときはなるべく楽にしてあげたいですよね。そういう意味ではおでこを冷やしてあげるのもよいかも。

 

 

そして、本当に体温を下げるのに効果的な場所は、首の付け根やわきの下、リンパの部分だそう。

 

 

我が家では汗をかいて、肌着が湿った感じになってきたら、お着替えをさせてあげて冷却シートなどを貼ってあげるというのが定番の解熱スタイルでした。

 

 

注意すべきは「冷やしすぎ」。

 

赤ちゃんは体温調節が上手ではないので、急に体温が下がってしまう事があります。

 


Sponsored Link

熱がある赤ちゃんの服装はどうすればいい?手足が冷たい場合の対処は?

服装に関してもこれまた悩むところ。

 

お熱を測ってみると高いのに手足は冷たい、ということもあると思います。

 

 

発熱によって免疫力を高める一方で、その熱を逃がさないように末端の血管が収縮するといった仕組みから、このようなことが起こるそうです。

 

大人もそうですが、熱の上り始めは背筋が寒く感じますよね?

 

赤ちゃんも同じく、熱の上り始めにはしっかり温めてあげましょう

 

そして、汗をかいてきたらお着替えをし、少し薄着にして手足を出してあげるとよいと思います。

 

 

先ほども記しましたが、体温調節がまだ上手くないため、腕やすねのあたりが冷えてくるようであれば着るものを増やしてあげてもよいと思います。

 

 

赤ちゃんが元気でも熱がある時は病院に行ったほうがいいの?

基本的に元気で遊べていて食欲があるようであれば、すぐさま病院へ駆け込む必要はないとされていますが、月齢が低いほど注意が必要です。

 

生後0~2ヶ月は要注意!

 

私自身は生後0~2ヶ月では、抵抗力も無く、急速に悪化する恐れがあるため、38度以上の発熱ではすぐに病院に行くべきだと思います。

 

そして、安静にしてあげること。

 

なぜなら、うちの子は2ヶ月と5ヶ月の時にヒトメタニューモウイルスとRSウイルスによる気管支炎で入院を経験しているのですが、

 

1回目の発熱の時にすぐに受診したもののよう笑う子だったので、私自身が大丈夫だろうと思い込んでしまい悪化させてしまったと感じるからです。

 

完全母乳だったので、どれくらい飲めているかしっかり把握できていなかったのもよくなかったかなと思っています。

 

ウイルス

 

3ヶ月以降ももちろん注意は必要ですが、目安は8時間以上の発熱があり眠ってばかりで顔色が悪いというところだと思います。

 

赤ちゃんに熱があるときでもお風呂に入れて大丈夫?

赤ちゃん ママ お風呂

 

熱が38度以下で嘔吐が下痢などの体力を消耗するような症状がなく、元気で食欲があり、機嫌が良いようであれば、本人も気分転換にもなるので入れてあげてもよいと思います。

 

ただし、負担にならないようぬるめのお湯にしたり、シャワーのみにするなど工夫してあげてくださいね。

 

38度以上なら暖かいタオルで全身を拭いてあげることできれいになりますし、さっぱりして気分転換になります。

 

いずれも無理しない程度で行うのがよいですね。

 

座薬などの熱を下げるお薬は使った方がいいの?

赤ちゃん

出典:http://blog.livedoor.jp/fumira/

 

元気なら無理に使う必要なしと薬剤師さんや先生にも言われることが多いと思いますが、経験上その通りかなと思っています。

 

長い時間熱が上がりっぱなし(38.5℃以上)で水分が摂れず、脱水などの心配があったり、ぐったりして辛そうなときにはそれ以上の悪化が心配されるので使いますが、

 

お熱の上り始めや元気な時にはあまり使わないようにしたほうが良いと思います。

 

飲むタイミングを間違うと正しい効果が期待できないようなので、赤ちゃんの様子をよく観察してから使ってあげましょう

 

 

 

【関連記事】

赤ちゃんの暑さ対策。部屋、外出先での上手な体温調節方法。

赤ちゃんの寒さ対策。部屋、外出先で寒さを防ぐ服やグッズ

RSウイルス感染症の赤ちゃんや子供の症状や治療方法は?

赤ちゃんの咳が長引く原因は?熱はないけど鼻水もでる場合は?

赤ちゃんの便秘の離乳食におすすめの食材。食べない時の対処。

赤ちゃんのしゃっくりの止め方。原因は?止まらない時の対処法。

 

赤ちゃんの発熱時の対処法についてご紹介してみました。

 

かわいいわが子の急な発熱はびっくりしてしまいますが、落ち着いてしっかりと観察してあげることが、回復への第一歩になることは間違いないようです。

 

普段のとどう違うのかというのも治療の手掛かりとなるようなので、毎日の様子もしっかりと把握しておくことが大切ですね。


Sponsored Link