季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

赤ちゃんの鼻水の上手な吸い方。透明な鼻水や寝れない時の対処方法。

風邪をひいているわけではないのに赤ちゃんが鼻水を出してばかり…なんてことはありませんか?

 

実は生まれて間もない赤ちゃんは、鼻水を出すことで健康を保つような体の仕組みになっているんです。

 

ですが、大人と違って鼻水をかむこともできませんし、鼻詰まりで寝れないこともありますよね。

 

そんな赤ちゃんのために周りの大人ができることは、ずばり鼻水を吸ってあげることです。

 

でも、吸い方のコツが分からなかったり道具が揃っていなかったりするとすぐに対応することができませんよね。

 

今回は、赤ちゃんの鼻水の吸い方やおすすめの吸引器についてご紹介します。

 

・赤ちゃんの鼻水はどうやって吸うの?吸い方のコツは?
・赤ちゃんが鼻水・鼻詰まりで寝れない時の対処法は?
・おすすめの吸引器は?
・赤ちゃんを病院へ連れて行く目安は?何科に行けばいい?
・赤ちゃんをお風呂には入れても平気?

 

赤ちゃんを早く楽にしてあげるために、参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored Link

赤ちゃんの鼻水はどうやって吸うの?吸い方のコツは?

赤ちゃん はてな

 

なるべく吸引器を使う

まだ吸引器があまり出回っていない頃は、大人が赤ちゃんの鼻に直接口を付けるという吸い方を行っていた時代もあったようです。

 

しかし鼻水の原因が風邪の場合、そのウイルスが大人にうつってしまう可能性がありますので、このような吸い方はあまりおすすめできません。

 

なるべく吸引器を使うようにしましょう。

 

スポイトタイプストロータイプの吸引器であれば安価で手に入りますし、電動式のものは効率的に鼻水を吸い出すことができますよ。

 

記事の後半でおすすめの吸引器もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

お風呂上がりに吸うのがおすすめ

赤ちゃん お風呂
吸い方のコツとしては、湿気で鼻水がゆるくなっているタイミングを選びましょう。

 

一番のおすすめはお風呂上がりですが、それ以外の時間帯であれば蒸しタオルで赤ちゃんの鼻周りを温めてあげるのも効果的です。

 

部屋が乾燥している場合は、加湿を心がけましょう。

 

くしゃみをさせる

鼻水が奥に溜まってしまっている場合は、くしゃみをさせて出てきたものを吸ってあげるのも効果的な吸い方ですよ。

 

こよりで鼻の入り口を優しくくすぐってあげてみてくださいね。

 

赤ちゃんが鼻水・鼻詰まりで寝れない時の対処法は?

赤ちゃん 睡眠
体が横になると鼻が詰まりやすくなってしまいます。

 

赤ちゃんは基本的に鼻呼吸なので、少しでも鼻が詰まると苦しくて寝れなくなってしまうのです。

 

ですので、鼻水が出ている時は抱きで寝かしつけてみてください。

 

まだ首がすわらない赤ちゃんの場合は、少し上体を起こすようにして横抱きしてみてくださいね。

 

布団に寝かせる際は、枕やタオルなどを利用して少し頭を高くしてあげると鼻詰まりを防いでくれますよ。

 

ただ、寝返りがまだ上手にできない赤ちゃんの場合は、うつ伏せになってしまうと窒息のリスクもありますので注意しましょう。

 


Sponsored Link

おすすめの吸引器は?

ママ鼻水トッテ

ママ鼻水トッテ 吸引器

item.rakuten.co.jp

 

こちらはストロータイプの吸引器です。

ストローが二手に分かれており、一方を赤ちゃんの鼻に入れ、もう一方を大人が口で吸うという吸い方です。

 

中間にあるケースの中に鼻水が溜まるので、大人の口の中に鼻水が入ることもありません。

 

口で吸うので強さの調整もしやすいですし、何より1000円以下という安価で手に入るのが嬉しいポイントですね。

 

 

メルシーポット

メルシーポット 電動鼻水吸引器

出典:https://item.rakuten.co.jp

 

こちらは電動の吸引器です。

ストロータイプに比べると値段が張ってしまいますが、その便利さと効率の良さはやはり電動ならではです。

 

ダイヤルで強さの調節も可能ですし、奥に溜まった鼻水までスピーディーに吸い出すことができますよ。

 

赤ちゃんを病院へ連れて行く目安は?何科に行けばいい?

病院 耳鼻科
家でこまめに吸引しても一向に鼻水が止まらない場合や、鼻水以外に発熱や咳などの症状が現れた場合には、病院を受診した方がいいでしょう。

 

症状が鼻水だけであれば、まずは耳鼻科の受診をおすすめします。

 

専用の機械でしっかり吸ってくれますし、溜まった鼻水を出しやすくする薬などを処方してくれることもありますよ。

 

また鼻水が続くと中耳炎になるリスクもありますので、専門の先生にしっかりと診てもらうと安心ですよね。

 

鼻水以外に発熱や咳などの症状がある場合は風邪や感染症の可能性がありますので、小児科がおすすめです。

 

中耳炎が心配な場合は小児科でも耳を診てもらえますので、先生に一言お願いするといいですよ。

 

いずれにせよ、「鼻水がなかなかよくならないな」「ちょっと様子がおかしいな」といった場合は早めに受診するようにしましょう。

 

赤ちゃんをお風呂には入れても平気?

お風呂 赤ちゃん
鼻水の原因が風邪などで熱がある場合、お風呂は控えた方がいいでしょう。

 

しかし、熱がないようであれば赤ちゃんをお風呂に入れても問題ありません。

 

お風呂に入ると湿気で鼻詰まりが解消されますし、前記のとおりお風呂上がりは鼻水を吸う絶好のタイミングなのです。

 

鼻水が出ている時こそ湯船に浸かり、湯気が赤ちゃんの鼻に入っていくようにしてみてくださいね。

 

道具と知識で赤ちゃんの鼻水に備えよう!

夫婦 赤ちゃん
【関連記事】

赤ちゃん(乳児)鼻づまり解消法。寝れない治らない改善方法

赤ちゃんの咳が長引く原因は?熱はないけど鼻水もでる場合は?

赤ちゃんの高熱(38度以上)対処方法。冷やし方やお風呂の入れ方

赤ちゃんの寒さ対策。部屋、外出先で寒さを防ぐ服やグッズ

赤ちゃんのしゃっくりの止め方。原因は?止まらない時の対処法。

 

赤ちゃんの鼻水は驚くほど頻繁で、せっかく出なくなったのに数週間後にはまた鼻水…なんてことも珍しくないですよね。

 

しかも自分で鼻をかめるようになるのはまだまだ先。

それまでは、周りの大人がなんとかしてあげるしかありません。

 

しかし、鼻水の吸い方や寝れないときの対処法などの知識、そして吸引器という道具があれば赤ちゃん期の鼻水は乗り越えられます。

 

少しでも早く鼻水が改善され、少しでも快適に過ごせるよう、これらの知識と道具を備えておきましょう。