季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

赤ちゃんの鼻水の上手な吸い方。透明な鼻水や寝れない時の対処

ちゃん鼻水鼻詰まりで、夜中に何度も起きてしまい、寝不足が続いた経験ありませんか?

 

大人でも、鼻水が止まらないと、グッスリ眠れませんよね。

 

何度も起きて泣く赤ちゃん。

自分で鼻をかめないので、お母さんが吸ってあげるしかありません。

 

そこで今回は、赤ちゃんの鼻水の吸い方や、グッスリ眠れないときの対処法。

透明な鼻水の対策について調べてみました。

 

・鼻水の吸い方のコツって?どうやって吸えばいいの?
・鼻水・鼻詰まりで眠れないときの対処法は?オススメ吸引器は?
・病院に行くタイミングは?何科に連れて行けばいいの?
・赤ちゃんの鼻水。お風呂に入れても大丈夫?
・赤ちゃんの鼻水は早めに対処。

 

長引くと赤ちゃんはもちろんですが、お母さんもヘトヘトになってしまいます。

早めに対処して、赤ちゃんの回復を助けてあげてくださいね。

 

Sponsored Link

鼻水の吸い方のコツって?どうやって吸えばいいの?

赤ちゃん 鼻水 吸い方
始めて鼻を吸うときは、どれくらいの力で行えばいいのか分かりにくいですよね。

おもいっきり吸うのは、鼻の粘膜を傷つける恐れがあるので注意しましょう。

 

赤ちゃんの機嫌が良いときに、鼻の入り口から慣らしていって、ズズズーと音がする所で角度を変えずに吸います。

 

このとき赤ちゃんが、泣いたり怒ったりしたら止めて、また機嫌の良いときに挑戦してくださいね。

お風呂上がりに、吸引すると比較的吸いやすいと思います(^-^)

 

 

ネバネバした固まりは、綿棒で取ってから吸引しましょうね。

 

直接、口で吸うのは赤ちゃんの風邪がうつる原因になります。

特に妊婦さんは、注意してください。

 

 


Sponsored Link

鼻水・鼻詰まりで眠れないときの対処法は?

赤ちゃん 鼻水
寝る前に、鼻水を吸ってあげるのはもちろんですが、他にも加湿器を使う事もオススメします。

 

鼻の中が乾燥して詰まるのを防いでくれるし、風邪の予防にもなりますよ。

 

 

母乳のお母さんは、絞った後スポイドに入れて1~2滴ほど鼻の中に垂らすと炎症を抑える効果があるそうです。

 

母乳なら、体に害がないので安心ですよね。

もちろん、絞ってすぐの母乳を使ってくださいね。

 


Sponsored Link

オススメ吸引器は?

赤ちゃん 鼻水 吸引
吸引器の種類もたくさんあって迷いますよね。

 

いくつか、オススメの吸引器を紹介します(^-^)/

 

 

 

 

吸引キットロング付きと吸引ホースのお得なセットです。

 

 

 

価格もお手頃で、いざというときのために、置いておくのに良いかもしれません。

 

 

 

掃除機に繋いで、簡単に使用できます。

助産師さんも、オススメの商品です(^-^)/

 

赤ちゃんだけでなく、大人でも使用できるので、ホースの予備は最初に家族の分を買っておくと良いかもしれません。花粉症や、副鼻腔炎の時に役立つと思いますよ☆

 

病院に行くタイミングは?何科に連れて行けばいいの?

 

風邪のウイルスが入った刺激で、最初に透明の鼻水が出ます。
そして、だんだん粘りけのある黄色に鼻水になり、鼻詰まりを起こしてしまいます

 

鼻水が奥に溜まっている状態が続くと、中耳炎を引き起こしてしまう事もあるので、耳をいつもより頻繁に触っているようなら、すぐに耳鼻科を受診しましょう。

 

 

鼻水や咳なら耳鼻科に行けばいいのですが、発熱や下痢など他の症状があれば、一度小児科で診てもらいましょうね。

 

透明な鼻水なら吸引器で取りやすいのですが、ネバネバの黄色鼻水はなかなかきれいに取れません。そんな時は、吸引するだけでも耳鼻科を利用しましょうね。

 

たかが鼻水と思わず、中耳炎や、副鼻腔炎を引き起こさないよう、気をつけてあげましょう。

 

赤ちゃんの鼻水。お風呂に入れても大丈夫?

赤ちゃん お風呂
赤ちゃんの熱は37.5度が目安になります。赤ちゃんが機嫌も良く、熱がなければお風呂に入れても大丈夫です。今から、上がりそうな時は控えておきましょうね。

 

そうでなければ、赤ちゃんは新陳代謝がよく垢も毎日たくさん出るので、ちゃんと洗ってあげた方がいいですよね。

 

お風呂に入るのを嫌がるようなら、ガーゼなどで体を拭いてあげてください。

 

体が温まることで、固まっていた鼻水が溶けて出てきます

優しく手で取って、鼻の中もきれいに洗ってあげましょう。

 

赤ちゃんの鼻水は早めに対処。

 

【関連記事】

赤ちゃん(乳児)鼻づまり解消法。寝れない治らない改善方法

赤ちゃんの咳が長引く原因は?熱はないけど鼻水もでる場合は?

赤ちゃんの高熱(38度以上)対処方法。冷やし方やお風呂の入れ方

赤ちゃんの寒さ対策。部屋、外出先で寒さを防ぐ服やグッズ

赤ちゃんのしゃっくりの止め方。原因は?止まらない時の対処法。

 
だいたい1歳すぎくらいまでは、鼻水の分泌量も多く、季節の変わり目になると透明の鼻水がタラタラと出ます

 

小さいうちは、皆そうだからしかたがないけれど、早めに対処してあげることで中耳炎など他の病気を防げます。

 

眠れない日が続くと体力が落ち、治ってもまた違う風邪をもらってきて悪循環になります。

看病するお母さんも、長引くほど大変ですよね。

 

「すごいねー。」と、褒めながら小まめに、吸ってあげてください。

めんどくさいかもしれないけれど、後々を考えると透明の鼻水のうちに対処することをオススメしますよ(^^)


Sponsored Link