季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

赤ちゃんのあせも対策。予防におすすめの薬。効果的な治し方。

季節が春から夏へと切り替わるころ、気温の上昇とともに私たちは大量の汗をかくようになります。そしてそれは、赤ちゃんも一緒です。

 

基礎代謝の高いうえに、大人と同じ汗腺を持っている赤ちゃんはとても汗をかくため、おむつなどをしているとすぐに蒸れてしまい、あせもになってしまいます。

 

大切な赤ちゃんが、あせもで皮膚が赤く腫れていたり、泣いてしまっているかわいそうな姿はもう見たくない!

 

そんなあなたに、簡単にできるあせも対策、予防などをご紹介いたします。

 

・赤ちゃんのあせも対策方法は?
・赤ちゃんのあせものできやすい場所は?対策法は?
・赤ちゃんのあせもの予防におすすめの薬は?
・赤ちゃんのあせもの予防方法と治し方。

 

Sponsored Link

赤ちゃんのあせも対策方法は?

赤ちゃん

 

赤ちゃんのあせもは、予防することができます。また仮にあせもになってしまったとしても、予防と対策をきちんと立てておけば、必要以上に悪化させずに済みます。

 

赤ちゃんのデリケートなお肌を守りきるため、今年は以下のことに気を付けてみてくださいね。

 

できるだけさらさらの状態にする

赤ちゃんが汗をかいて蒸れているのにそれをそのままにしていたりすると、汗腺が詰まってあせもを引き起こします。

 

汗や蒸れを感じたら、すぐタオルなどでやさしく拭いてあげて、乾燥させておくようにしましょう。汗をかいた肌着もこまめに交換してあげてくださいね。

 

清潔なお肌を保つ

汗腺のつまりは、汗だけでなくおしっこやうんちなどの汚れによるつまりでも起こります。

 

こちらも汚れているようなら交換してあげて、いつも清潔なお肌の状態が保たれるように、おしりふきやタオルでやさしく拭いてあげてください。

 


Sponsored Link

赤ちゃんのあせものできやすい場所は?対策法は?

赤ちゃん あせも

 

赤ちゃんのあせもができる場所は、汗腺が集中しているところであったり、ぷくぷくしたお肌がちょうど重なるところであったりとさまざまです。

 

あせもができやすい場所ごとの対策法を探っていきましょう!

 

顔、首まわり

顔のおでこなどは、赤ちゃんがとても汗をかきやすい場所です。髪の毛でも蒸れやすく、簡単にあせもになってしまいます。

 

肌に優しい石鹸などでお風呂に入った際は洗ってあげ、余分な油分は取るようにしてくださいね。

 

さらにお母さんがうっかり見落としてしまうのが、首のうしろです。

 

皮膚がぷくぷくとした体形のせいで重なってしまい、その間に汗をかいてしまいます。普段からガーゼやタオルを挟んであげるようにしましょう。

 

背中

背中も赤ちゃんにとってはあせもができやすい場所です。服を脱がせると、びっしょり汗をかいていることも多いでしょう。

 

こちらもこまめに拭いてあげるのはもちろんですが、通気性や吸湿性に優れた衣類を着せてあげるようにし、外出の際は保冷材などを持ち歩いて、周囲を冷やしてあげるのもいいですよ。

 

ひじの内側、膝の裏側

ひじの内側、膝の裏側も、汗をかきやすくあせもができやすい場所といえます。

 

さらにかいた汗がたまりやすく、汗自体が刺激物質になるため、お肌が弱い赤ちゃんはそれによっても炎症、あせもを起こしやすくなってしまいます。

 

こちらも汗をそのままにせず、きちんと拭いてあげるようにしてくださいね。

 


Sponsored Link

赤ちゃんのあせもの予防におすすめの薬は?

赤ちゃん あせも 予防

 

あせもにならないために、赤ちゃんにはどのような薬を塗ってあげるといいのでしょうか。予防におすすめのものをまとめてみました。

 

ベビーパウダー

やはり赤ちゃんのあせも予防といえばこれです。パウダータイプで、お風呂あがりなどにパフを使って赤ちゃんのお肌にお粉をはたいてあげるだけで、びっくりするほどさらさら肌になります。

 

赤ちゃんのあせもが気になってくる季節になったら、すぐ使ってあげるようにしましょう。

 

桃の葉ローション

桃の葉ローションも有名ですよね。お肌の赤みやかゆみ、炎症をおさえてくれる成分が入っているので、酷いあせもになる前に、赤ちゃんに使ってあげましょう。

 

こちらもお風呂あがりに塗ってあげると、すーっとのびて赤ちゃんも気持ちがいいですよ。

 

 

 

赤ちゃんのあせもの予防方法と治し方。

あせも クリーム

 

赤ちゃんのあせも予防には、やはりあせもの最大の原因である汗をすぐ拭きとるようにする、また必要以上に汗をなるべくかかせないようにすることが大切です。

 

ですが、このような様々な予防、対策をしても、やっぱり赤ちゃんがあせもになってしまった…

 

特に赤ちゃんがすでに何度かあせもを繰り返している場合、その部分の皮膚が敏感になってしまっていて、少しの汗による刺激でもまたあせもが発生してしまうこともあります。

 

 

シッカロールや桃の葉ローションは、予防や軽度のあせもにこそ効けど、重症化してしまったあせもには効果が低いです。

 

大事な赤ちゃんのお肌なので、そこまでいってしまった場合は、病院などで専用の軟膏・クリームなどのお薬をもらって使うようにしましょう。

 

大事な赤ちゃんのお肌をあせもから守ろう!

【関連記事】

あせもの治し方。子供や赤ちゃんに効く薬。大人の対処法は?

あせもの原因と症状。大人、子供。原因はストレスや食べ物?

保湿が一番!赤ちゃんスキンケア方法。時期やおすすめは?

赤ちゃんの熱中症の症状と対策!!水分補給は母乳でもOK?

赤ちゃんの暑さ対策。部屋、外出先での上手な体温調節方法。

 

赤ちゃんのあせもの予防、対策についてご紹介しました。

 

毎年赤ちゃんのあせもでお困りの方も、多かったのではないでしょうか?

デリケートな赤ちゃんのお肌、あせもから守ってあげたいですよね。

 

汗をかき過ぎないように気を配ってあげたり、タオルなどでこまめにしっかりケアしてあげれば、赤ちゃんのあせもは予防できます

 

またもしあせもになってしまっても、悪化させずにすみます。

 

万が一悪化してしまった時は、病院に行き診察してもらうようにして、大事な赤ちゃんのお肌を守ってあげてくださいね。


Sponsored Link