季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

年末の挨拶。英語の例文。ビジネスや友達へのメール例。

年末になると、学校や企業もお正月休みになりますよね。

その前に、一年の感謝の気持ちを込めた挨拶のメールを送るという方も多くいるのではないでしょうか。

 

ビジネス相手へのメールとなると、言葉の表現にも気を使わなければなりません。

できれば好印象をもってもらえる挨拶メールを送りたいですよね。

 

取引先が海外となると、英語での挨拶メールの作成をしなければならないという人もいるでしょう。

 

そこで、送る相手別に年末の挨拶メールの書き方について考えてみましょう。

 

・ビジネスで年末の挨拶を英語でする場合のポイントは?
・挨拶メールの例文は?
・年末の挨拶を英語で友達にメールする場合の例文は?
・覚えておくと便利なカジュアルな表現例は?

 

Sponsored Link

ビジネスで年末の挨拶を英語でする場合のポイントは?

英文 サラリーマン
海外ではクリスマス頃から年始にかけて、有給休暇をフルに使って長期休暇をとって、家族で過ごすという人が多くいます。

日本では考えられない過ごし方で、羨ましいですね。

 

さて、そんな外国人企業の方、外国の取引先などに年末の挨拶メールを送る時の注意点やポイントとは、どのようなことなのでしょう。

 

年末の挨拶メールとしていますが、一般的には年末年始の挨拶としてメールを送るようです。

外国の方に挨拶メールを送る時には、まず宗教を意識することが大切でしょう。

 

日本では、宗教を意識することはあまりありませんが、世界にはたくさんの宗教があり、その宗教ごとに適する言葉、適しない言葉もあります。

ビジネス相手に挨拶メールを送る際は、宗教的な言葉は控えることが大切です。

 

例えば、クリスマス。

日本では宗教に関係なくクリスマスを祝いますが、一般的にクリスマスはキリスト教の祝い事です。

年末の挨拶として「merry Christmas」という言葉を使うことで、キリスト教以外の宗教の方には不快な思いをさせてしまうこともあります。

アメリカではクリスマスが1年で最も大きなイベントですので、年末の挨拶に“I wish you a wonderful Christmas and a Happy New Year.”とし、素晴らしい年をお迎えくださいと伝えるとともに素敵なクリスマス休暇をと祈る言葉が用いられることもよくありますよ。

また、年末年始の挨拶メールを送る時期にも注意が必要です。

日本でも、年末ギリギリに送るのではなく仕事納めの一週間前には送るものです。

 

海外ならなおさら早く送った方がいいですよ。

早めに送らなければ、相手がクリスマス休暇中だったということにもなりかねませんよ。

 

挨拶メールの例文は?

パソコン キーボード
ビジネス相手への挨拶メールは、きちんとした文章、言葉の使い方でなければ失礼にあたることもあります。

間違った形式で送らないためにも、基本の書き方を知っておくことは大切ですよ。

 

基本的な書き方を贈る相手ごとに例文で見てみましょう。

また、日本語と英語の例文もみてみましょう。

 

日本語での挨拶メールの例文は?

取引先への挨拶の場合は、一年の感謝の気持ちと来年の抱負を入れましょう。

「今年は大変お世話になり、ありがとうございました。

 

来年も更なる業績向上を目指し、一層の努力をしてまいりますので、変わらずご支援のほどを賜りますようお願い申し上げます。」

 

その後に、年末年始の営業日、営業時間を書き加えましょう。

最後に「○○様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます」といった言葉で締めくくりましょう。

 

お客様宛の挨拶メールの場合は、一年の感謝の気持ちに加えて業績の報告や来年の抱負を書き入れるといいですよ。

「貴社の皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 

本年は〇〇様の多大なご支援を承り、我が社の業績を支えて頂きましたことを、暑くお礼申し上げます。

 

来年もスタッフ一同、お客様に満足いただけるサービスを心がける所存です。来年も、本年同様のご愛顧を宜しくお願い申し上げます。

 

〇〇様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。」

 

こちらにも、きちんと年末の営業日や営業時間を入れるのを忘れないようにしましょう。

 

英語での挨拶メールの例文は?

Happy New Year 黒板
日本語での挨拶メールも英語での挨拶メールも、形式に大きな違いはありません。

 

ビジネス英語メールにはよく使うフレーズがありますので、その言葉を上手に使い構成していくことできれいな文章が出来上がりますよ。

 

まず、使えるフレーズを紹介します。

「Happy New Year」→“あけましておめでとう”という基本的な挨拶ですよね。「Have a great new year」とすると“素敵な新年を”といった意味になります。
「I really appreciate your guidance last year」→“昨年は大変お世話になりました”
「I hope that ○○(西暦の数字) finds you happy and successful」→“○○年があなたにとって良い年でありますように”
「Sincerest thanks for your business and warmest wishes for a happy holiday season and a New Year of peace and prosperity」→“日頃、お世話になり誠にありがとうございます。さらなる繁栄と平和がおとずれますように。”
「Thank you for your continued business. We look forward to working with you in the future」→“いつもお世話になり誠にありがとうございます。今後とも何卒よろしくお願い致します。”

日本の挨拶メールでもよく使うフレーズですよね?

日本語で作る挨拶メールと同じように構成していけば、英語の挨拶メールもそんなに難しくないんですよ。

 

これらのフレーズを使って例文を作ってみるとこうなります。

「Thank you for your continued business. We look forward to working with you in the future. 

 

Thanks to your company’s support, we were able to get through this year without any big trouble. 

 

I do hope for your continuous support and encouragement next year.」

 

“いつもお世話になり誠にありがとうございます。今後とも何卒よろしくお願い致します。
御社のお支えにより、本年も大きな問題なく乗り切る事が出来ました。
来年もご指導くださいます様、よろしくお願いいたします。”

これで立派な挨拶メールになります。

この後に日本での挨拶分と同じように、年末年始の営業日のお知らせも入れるといいですね。

 

「Our office will be closed for the New Year’s holiday from December 29, ○○ until January 5, △△.」→“私たちのオフィスは○○年12月29日から△△年1月5日までお正月休みとなります。”

 

きちんと書き込んでおくことで、営業日の問い合わせをさせてしまったりといった面倒をかけることもないでしょう。

 


Sponsored Link

年末の挨拶を英語で友達にメールする場合の例文は?

THANK YOU 二重丸
先ほどのビジネスメールでは、取引先やお客様宛のメールのため丁寧な言葉を使わなければ失礼になってしまいます。

 

しかし、送る相手が友達ならそんなに堅苦しい表現を使う必要はありません。

 

英語には、日本語のような敬語はありませんが、言葉の選び方次第でニュアンスもかなり変わります。

友達への挨拶メールに使えるフレーズもいくつかあげてみましょう。

「Have a good new year.」→“よいお年を”
「Thank you very much for your help in the past year.」→“今年一年、大変お世話になりました”
「What is your New Years resolution?」→“新年の抱負は何ですか?”

こういったフレーズはメールにもとても使いやすい表現です。

また、アメリカをはじめとする英語圏では、日本でいう大晦日はクリスマス休暇の1つとして考えている人も多くいますので

 

「We wish you a merry Christmas and a happy new year.」“良いクリスマスとお正月を過ごしてくださいね”

 

といった言葉を添えてもいいでしょう。

 

しかし、宗教上クリスマスという言葉が適しない場合もあります。

そういうことも考えると「holiday」という言葉を使ってもいいかもしれませんね。

 

それでは、よく使われるフレーズも使いながら例文を作ってみます。

「Season’s greetings. 

Thank you very much for your help in the past year. 

Hope you have a wonderful holiday and a Happy New Year.」

 

“季節のご挨拶申し上げます。今年一年、大変お世話になりました。すばらしい休暇と新年をすごしてくださいね。”

 

親しい間柄の相手だからこそ、いつもは言えない感謝の気持ちを言葉にして伝えてみましょう。

もらった相手はきっと嬉しい気持ちになるはずです。

 

覚えておくと便利なカジュアルな表現例は?

Happy New Year 虹 風船
友達や親しい相手への挨拶文となると、丁寧すぎると少し恥ずかしい気持ちもしますし、気持ちが伝わりにくい気もします。

 

そこで、堅苦しくないカジュアルな表現についても紹介したいと思います。

「Holiday Greetings. celebrate each day.」→“待望のお休みだね。毎日を祝いましょう”
「With special thanks and much appreciation.」→“大きな感謝を込めて”
「Happy 20XX! ! All the best wishes for you」→“20XX年おめでとう!!最高の年になりますように”

どれもとてもカジュアルな表現なので、友達同士限定で使った方がいいかもしれませんね

SNSなどで気軽に使いやすいフレーズです。また、

 

「With you the best for the next 365 days.」→“次の365日が素晴らしいものになりますように”

 

という表現も面白いですよ。

 

もちろん“next year”でもいいのですが、この方が一味違った表現のため印象に残りやすいかもしれませんね。

 

円 赤 金

 

【関連記事】
年末の挨拶メール。ビジネス例文。お客様や上司への書き方
「良いお年を」の文例と意味。目上への敬語は?英語でいうと?
年末大掃除の仕方とコツとは?便利グッズや道具を一挙公開
大晦日の由来。実は新年の始まり?掃除や除夜の鐘の意味は?

 
季節ごとの挨拶を忘れずに。
年末年始の挨拶や、季節の挨拶はとても大切なものです。

 

それは、日本だけでなく外国の方たちにとっても同じことのはずです。

遠く離れた相手でも、ずっといい関係を続けていくためには季節ごとの挨拶を大事にしたいですね。

 

少し難しいことかもしれませんが、ぜひ英語での挨拶文にもチャレンジしてみてください。