季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

足立の花火2018の穴場と場所取り時間。有料席はある?

Sponsored Link

今年も夏の風物詩である花火大会の時期が近づいてきましたね。

 

東京の花火大会で有名なものというと明治神宮の花火大会や隅田川の花火大会といったところですが、実は「足立の花火大会」も人気があるんです。

 

東京メトロ千代田線の鉄橋から西新井橋の間で打ち上げられ、荒川河川敷での開催ということもあって昔から近隣住人には高い人気の足立の花火。

 

東京下町でおよそ100年の歴史がある花火大会を楽しんでみてはいかがですか?

 

そんな足立の花火大会2018年の情報をドドンとご紹介。

・足立の花火2018の日程(雨天の場合)と見どころ!屋台はある?
・足立の花火の穴場スポットは?場所取りの時間は?
・足立の花火は有料席で見れる?屋形船は?
・足立の花火アクセス方法。駐車場は?

こちらを参考に今年は浴衣を着て風情ある足立の花火に足を向けてみましょう。

 

Sponsored Link

足立の花火2018の日程(雨天の場合)と見どころ!屋台はある?

 

 

2018年の足立の花火大会の日程や見どころを簡単解説していきますので、夏のスケジュールチェックよろしくお願いします。

 

足立の花火2018日程は?

2018年7月21日(土)19:30~

 

見どころ

花火 見どころ

1時間で1万発以上の花火が打ちあがり高密度な様々な花火を楽しめるのが最大の特徴。

下町情緒あふれる河川敷で7月の終わりに花火を楽しむのもオツなものですね。

 

足立区は区の木としてさくらが指定されているので、仕掛け花火「満開のしだれ桜」が見どころです。

夏の夜空に咲く花火の桜をぜひ堪能してもらいたいところです。

 

屋台はあるの?

もちろん花火大会に欠かせない屋台も出店していますよ。

 

最近は昔ながらの屋台に加えて、オシャレなキッチンカーが名物料理を出したりもしていますね。

 

足立の花火の穴場スポットは?場所取りの時間は?

花火 場所取り
足立の花火は荒川河川敷で行われているため、多数の鑑賞スポットが存在しますが、その中でも穴場のスポットをご紹介。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

おすすめ穴場スポット!

西新井橋付近の川原

足立の花火を楽しむにはまずどこの河川敷のスポットに陣取るかというのがポイントですが、おススメなのは西新井駅から徒歩5分ほどの西新井橋付近。

 

ここから河川敷に下りていって鑑賞する地元民は多いですね。

 

もちろんガラガラではないですが、人ごみでギュウギュウ詰めということにもならないのでカップルでも安心して行けるかと思いますよ。

 

扇大橋付近

少し打ち上げ会場から離れますが扇大橋駅から歩いてすぐなのでおススメです。

 

足立の花火会場から離れているだけあって、正面から花火を楽しむことが出来て他の河川敷スポットより人が少ない点がポイント。

 

小さいお子様連れでも快適に花火鑑賞を楽しめますね。

 

花火 時間

 

場所取りの時間は?

だいたい毎年夕方ごろから近隣各駅が混み合う印象なので、16時ごろから屋台を楽しみながらスポットに向かうとちょうどいいと思いますよ。

 

18時を越えると場所によってはかなり人でごった返すので、ご家族連れであれば早めの場所取りを心がけたほうが良さそうですね。

 


Sponsored Link

足立の花火は有料席で見れる?屋形船は?

足立 花火鑑賞
花火大会というと有料観覧席があるところもありますが、足立の花火はどうなのかご説明していきますね。

 

あとは人ごみが苦手な方などは屋形船でゆったり花火鑑賞という手もありますので、そちらもご紹介しますのでチェックしてみてください。

 

足立の花火、有料席は?

足立の花火では有料席という形では予約などを行っていません。

 

しかし、協賛席という形で1組3,000円の申し込みで2名分の「観光交流協会観覧場所入場券」がゲットできます

 

千住側と西新井側に分かれていますが、一人当たり1,500円は破格の安さですよ。

 

足立の花火 屋形船

 

屋形船は?

荒川や隅田川は通年屋形船が活躍中。

 

もちろん花火大会の時だって乗れちゃいますので、少し優雅な花火鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか。

これ以外にも多数の屋形船が運航しておりますので、チェックしてみてくださいね。

 

どちらも食事や飲み物が付いていてお得なプラン、もちろん屋形船内にトイレもあるので花火大会のときに困りがちなトイレ問題もありませんね。

 

足立の花火アクセス方法。駐車場は?

足立の花火 アクセス

足立の花火には近隣にJR線、東京メトロ線がたくさんありますので電車で訪れるのがいいですね。

河川敷付近は通行規制が行われますので、車で行くのはあまり得策ではないかもしれません。

 

また、特に専用駐車場があるわけでもないので、停める際には近くのコインパーキングになります。

ただし毎年混み合っていますので、もし車で行くのであれば昼間くらいから停めるのをおススメします。

 

 

下町感あふれる昔ながらの足立の花火大会

打ち上げ花火 足立

 

【関連記事】
隅田川花火大会の日程と穴場スポット。交通規制情報。
神宮花火大会の日程!おすすめ会場と穴場スポット情報。
足立花火大会の日程と穴場スポット。屋台の場所は?
江戸川区花火大会の日程と場所取り方法。有料席はある?
市川市民納涼花火大会の日程と混雑状況。屋台の時間は?

多摩川花火大会の穴場スポット!打ち上げ場所近くで鑑賞。

板橋花火大会の日程。おすすめの穴場と場所取り方法。

葛飾納涼花火大会の日程と穴場スポット。最寄り駅はどこ?

調布花火大会の日程と穴場スポット。有料席はおすすめ?

八王子花火大会の日程と穴場。花火が見えるおすすめの場所は?

 

足立区付近の住民が昔から夏の楽しみにしている足立の花火ですが、古きよき日本の花火大会を堪能できること間違いなし。

 

歴史がありますが、花火は年々進化していますので、都内でも指折りでハイクオリティーな打ち上げ花火をどうぞ楽しんでくださいね。

 

主に河川敷での鑑賞になりますので、虫除けスプレーやクーラーボックスなどを持っていくと色々便利ですよ。

 

あとはブルーシートは必須アイテムですので、忘れないようにして下さいね。

 

花火シーズンの到来を告げる7月下旬開催の足立の花火で、今年は夏をスタートさせてみてはいかがでしょう。

Sponsored Link