季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

足立花火大会の場所取り方法と穴場。おすすめ時間帯は?

今回の記事は約60万人が観覧に来ると評判の大規模花火大会、足立花火大会場所取りテクニックや、穴場スポットのご紹介です。

 

足立花火大会を十二分に楽しめるよう、初参加の方にもおすすめのテクニックや場所を下記の順番でまとめていきます!

 

足立花火大会は毎年7月後半に開催されます。詳しい日程などはこちらをご参照くださいね。

 

・足立花火大会の場所取りは何時から?おすすめの行動時間帯
・足立花火大会おすすめ厳選観覧スポット!
・足立花火大会をちょっとリッチに観覧♪有料席や屋形船!
・カップルや家族にお勧め!のんびり足立花火大会が楽しめるレストラン♪

 

打ち上げ会場が東京都足立区千住大川町にある荒川河川敷(JR北千住駅周辺)となりますので、そこを中心に花火の観覧スポットを案内していきますね。

 

Sponsored Link

足立花火大会の場所取りは何時から?おすすめの行動時間帯

足立花火大会 場所取り

出典:http://hanabi.adachikanko.net/

 

打ち上げ場所は上記にある千住側で、観覧エリアとして千住側の一部と、西新井側が解放されます。

 

一番人気のエリアはやはり花火に一番近い千住側観賞エリアになりますが、ここは毎年人気が高くいい場所をとるのは至難の激戦区となります。

 

毎年当日から1~2週間前には河川敷に場所取りシートを置く人もいるとか。

 

千住側での観覧が希望なら、7月中旬からもう様子見は始める必要がありそうですね。当日狙いにしても14時前には現地にいないと、場所自体がなくなってしまうでしょう。

 

足立花火大会

 

西新井側は千住側程混雑しないので、ゆとりを持った場所取りを希望するならこちらが狙い目です。

 

よりいい場所を狙うなら遅くとも15時までに、とりあえず場所だけ取れればいいなら16時近くに着けばなんとかなる可能性があります

 

足立花火大会会場付近のスポットは基本見える場所は全てかなりの人気スポットとなってしまうので、お店のように予約ができるところなら予約を、そうでない場所は14時~15時までには場所取りに動き出すことをお勧めします!

 

Sponsored Link

足立花火大会おすすめ厳選観覧スポット!

 

 

足立花火大会における行動のペースが分かったところで、次はどの観覧場所が狙い目かのご紹介です。今回のお勧めスポットは、虹の広場、子供の広場、あらかわ福祉体験広場の三つになります。

 

 

まず虹の広場をご紹介致します。こちらは足立花火大会会場から陸橋を隔てた場所になる為あまり人が集まらないのですが、のんびりと大物の花火を観賞する分には十分なスポットです。

 

座る場所もあるので、ゆっくりと花火を楽しめそうですね。

 

 

次は子供の広場のご紹介です。こちらは普段子供達に野球場等の用途で公開されている場所になります。西新井橋の向こうの為足立花火大会会場に近い割に、意外と人気は少なめです。

 

上手く場所を押さえれば仕掛け花火も見られるかも!?

 

 

最後はあらかわ福祉体験広場になります。ここはベンチの数が充実していながら、ゆっくりと花火が観賞できる好立地。

 

しかもすぐ近くに日暮里・舎人ライナーの足立小台駅があるので、混雑する前に楽々帰宅ができる隠れた名スポットでもあります。

 

Sponsored Link

足立花火大会をちょっとリッチに観覧♪有料席や屋形船!

少しお金を出してでものんびり観覧したいとお考えの方には、有料席屋形船という選択肢もお勧めです!

 

ここでは有料席や屋形船の活用方法についてを詳しくご説明させて頂きますので、こちらをお考えの方は是非参考にどうぞ。

 

 

まず有料席ですが、こちらは千住側土手の斜面に設置予定となっております。つまり打ち上げ場所のほぼ前という好立地!

 

今年は6月に販売が予定されておりますので、公式HPの販売情報をこまめに確認するといいですよ♪

 

 

次は屋形船のご案内です。こちらは足立区に船の申請をして、許可を得た船だけが当日花火会場付近に船を出すことが可能になります。

 

金額は船ごとに違いますが大体1~3万円が相場になりますが、高い分だけ素晴らしい眺めが期待できるでしょう。

 

有料席は二名分で5000円程度、船は一人1~3万円とやはり相応の金額はかかってしまいますが、場所取りの心配をしないで一番いい眺めを手に入れられることを考えると、これくらいの出費は安いかなと感じてしまう気もしますね!

 

カップルや家族にお勧め!のんびり足立花火大会が楽しめるレストラン♪

カップルやお子様連れで花火を観賞する場合は、やはり誰にも邪魔されない場所や、お子様がのびのびと観覧できる場所で楽しみたいものですね。

 

そんな方は河川敷での場所取りよりも、花火のよく見えるレストランを是非フル活用しちゃいましょう!

 

レストラン・タピ・ルージュ

 

レストランは東京芸術センターにある、レストラン・タピ・ルージュがお勧めです。美味しいフレンチを楽しみながらゆったりと花火が楽しめる上に、こちらは毎年花火観覧プランも設けてくれています。

 

出典:http://tabelog.com/

出典:http://tabelog.com/

 

次はこちらも花火観覧可能レストランとしては老舗の、レストランさくらのご紹介です。

 

なんと花火大会当日は屋上ガーデンも解放されるので、悠々と見物することができます。屋上ガーデンであるウッドデッキからは、なんと花火会場を見下ろすことができますよ

 

出典:http://tabelog.com/

出典:http://tabelog.com/

 

最後は食幹(東京スカイツリータウン・ソラマチ店)を紹介致します。東京ソラマチ30階に位置するお店で、優雅に花火を観覧することが可能です。

 

カップル向けの窓際2名席プランに家族向けの4名席と、幅広い選択が可能です。

 

 

以上が花火観覧の楽しめるお勧めレストランのご紹介になります。

 

じっとしてられないお子様を連れたご家族や、誰にも邪魔されたくないカップルの方は河川敷の場所取り以外にこうした手段も是非活用されてはいかがでしょう?

 

 

【関連記事】

足立花火大会の日程と穴場スポット。屋台の場所は?

 

足立花火大会の場所取り・穴場スポット情報のまとめ記事はいかがでしたでしょうか?

 

来場者数が多い分気圧されてしまう部分もあるかもしれませんが、周辺地域の情報を有効活用すれば思ったよりも楽に観覧ができそうに思えてきますね。

 

今回は特に朝からずっと場所取りの為に張り込んでいなくても、スムーズに足立花火大会が観覧できる場所を厳選させていただきました。

 

のびのびと楽しく夏の夜限定の芸術を楽しんできてくださいね!

Sponsored Link