季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

網走流氷2017の時期や接岸状況。おーろら号、ノロッコ号見どころ

海道網走市は、北海道の北東に位置する市で、オホーツク海に面しています。網走は流氷が接岸することで有名ですね。

 

オホーツク海の流氷はユーラシア大陸の北東部を流れる、アムール川という大河の流水によって塩分の薄くなった海水が凍って形成されます。

 

その流氷は更に周囲の海水を取り込み、塩分を排出して成長すると言われています。

 

網走というと北の果てで極寒の地という感じがしますが、実は北海道の中では比較的温暖で、1年を通じて晴天が多い地域なんですよ。つまり流氷を見るのに最適な場所と言えますね。

 

そこで網走流氷2017の見頃時期や例年の接岸状況、アクセス情報などを交えて、網走流氷2017を観光するための情報をお届けしたいと思います。

 

・網走流氷2017の見頃時期は?接岸状況は?
・砕氷船おーろら号や流氷ノロッコ号からの見どころは?
・アクセス方法
・オホーツク流氷館の楽しみ方は?入館料は?
・流氷を見た後は温泉でゆっくり♪おすすめの宿泊所はこちら!

 

Sponsored Link

網走流氷2017の見頃時期は?接岸状況は?

 

見頃時期:2017年1月20日ころ~3月20日ころ

 

近年の接岸状況

網走 流氷 接岸

 

当然のことですが、流氷の接岸状況はそのシーズンの気象条件によって大きく左右されます

 

12月中の全国的な平均気温で、暖冬か否かをチェックしておくと良いと思います。

 

暖冬の年は接岸初日が遅く、最終離岸日も早いことになりますね。近年の状況を載せておきますので、参考にされて下さい。

 

流氷初日 流氷終日
平成17年(2005年) 1月26日 3月26日
平成18年(2006年) 1月23日 3月25日
平成19年(2007年) 1月18日 4月13日
平成20年(2008年) 1月19日 4月10日
平成21年(2009年) 2月3日 3月17日
平成22年(2010年) 1月22日 3月30日
平成23年(2011年) 1月20日 3月10日
平成24年(2012年) 1月17日 4月16日
平成25年(2013年) 1月12日 4月2日
平成26年(2014年) 1月21日 4月30日
平成27年(2015年) 1月12日 3月8日

 

砕氷船おーろら号や流氷ノロッコ号からの見どころは?

砕氷船おーろら号

砕氷船おーろら号

 

流氷を間近で見るなら、直接海に乗り出すのが1番ですね。網走の流氷観光の超人気目玉が、流氷砕氷船「おーろら」です。

 

バリバリと流氷を掻き分けながら進むおーろら号。氷塊が船底にぶつかって、船全体が振動する迫力は圧巻ですよ。

 

大型船なので揺れも少なく、船内は暖房でポカポカ。

 

砕氷の音と迫力を楽しみたい方には展望デッキもあります。

トイレや売店も完備で安心。

 

運が良ければ流氷とともに訪れるオジロワシや、氷の上でのんびりと昼寝をするアザラシにも出会えるかも知れません。

 

砕氷船おーろら号データ

砕氷船おーろら号

乗場住所:北海道網走市南3条東4丁目5の1 道の駅(流氷街道)

電話番号:0152-43-6000

運行期間:2017年1月20日(金)~4月2日(日)

乗船料金:おとな3,300円、小学生1,650円

所要時間:1時間

運行時間:

  1月 2月 3月 4月
1便 9:00 9:30 9:30 11:30
2便 11:00 11:00 11:30 13:30
3便 13:00 12:30 13:30  
4便 15:00 14:00 15:30  
5便   15:30    

 

JR流氷ノロッコ号

JR流氷ノロッコ号

 

流氷の着岸したオホーツク海の海岸線を、列車に乗ってのんびりと満喫するJRノロッコ号の旅。

 

網走~知床斜里を約1時間かけて走るノロッコ号は、とてもユニークでノスタルジックな感じの面白い列車です。

 

毎日2便運行されるノロッコ号の車窓からは、ずっと知床連山を眺めながら、流氷見物をすることができます。

 

木製の温かみのある座席、眺めの良い大きな窓。昔懐かしいダルマストーブが設置されていて、客車内を暖めてくれます。

 

流氷グッズをいろいろ取り揃えた売店も完備。広大な自然を感じながら旅するなら、ノロッコ号がおすすめです。

 

JR流氷ノロッコ号データ

JR流氷ノロッコ号 車内

運行区間:網走~北浜~知床斜里

電話番号:0152-43-2362(JR網走駅)

運行期間:2017年1月31日(火)~2月28日(火)※3月の運転予定あり

乗車料金:網走~知床斜里 片道大人840円 こども半額

所要時間:約1時間

運行時間:

知床斜里 発 北浜 網走 着  
8:55→ 9:31==9:45→ 10:00着  
11:54→ 12:30==12:40→ 12:55着  
網走 発 北浜 知床斜里 着
10:25→ 10:47==10:48→ 11:22着
13:57→ 14:11==14:20→ 14:55着

JR流氷ノロッコ号 だるまストーブ

 


Sponsored Link

アクセス方法

場所:流氷観光砕氷船おーろら

住所:北海道網走市南3条東4丁目5の1 道の駅(流氷街道)

電話:0152-43-6000(道東観光開発)

地図:


公式HP:流氷観光砕氷船おーろら

電車の場合:JR網走駅より車で8分

車の場合:女満別空港から30分

駐車場:約100台あり(無料)

 

網走 流氷

 

オホーツク流氷館の楽しみ方は?入館料は?

ダイナミックなスケールで雄大な流氷世界を体感するなら、オホーツク流氷館がおすすめです。

 

オホーツク流氷館はオホーツク海の生き物と流氷のテーマ館。網走で流氷観光をするなら、ぜひ寄りたいスポットです。

 

そこでオホーツク流氷館の見どころを少しだけご紹介しますね。

 

プロジェクションマッピング

オホーツク流氷館 プロジェクションマッピング

 

立体の上にクリオネやアザラシ、流氷をかたどったオブジェなどの映像が展開するプロジェクションマッピングは、常設のものでは北海道内最大級。

 

オホーツクならではのダイナミックな映像をたっぷりと堪能して下さいね。

 

オホーツク海の生き物たち

オホーツク流氷館 クリオネ

 

オホーツク流氷館ではクリオネをはじめ、ナメダンゴやフウセンウオなどの不思議で珍しい、オホーツク海の生き物を飼育・展示しています。

 

流氷の天使と呼ばれるクリオネ。その愛らしい姿をじっくりご覧下さいね。

 

流氷幻想シアター

オホーツク流氷館 流氷幻想シアター

 

流氷幻想シアターは、300インチの巨大スクリーンを正面に、左右上下に展開する大迫力の5面シアター

 

視界いっぱいに広がる映像に包み込まれるように、流氷はもちろん、大空からの映像やオホーツク海の生き物たちまでを堪能することができます。

 

流氷体感テラス

オホーツク流氷館 流氷体感テラス

 

流氷体感テラスの体感室では本物の流氷に触れたり、流氷の海の夕焼けや夜明け、オーロラなどを体感することができます。

 

室内はマイナス15度。濡れたタオルを凍らせる「しばれ体験」が目玉ですよ。

 

展望テラス

オホーツク流氷館 展望テラス

 

標高207mの天都山にある展望テラスからは「天の都にいるような心地になるほど美しい」と言われる天都山の360度の大パノラマを堪能することができます。

 

国の「名勝」にも指定されている天都山からは、網走湖、能取湖(のとろこ)、濤沸湖(とうふつこ)、藻琴湖(もことこ)、知床連山から阿寒の山並みまでの絶景を味わうことができます。

 

カフェ、レストラン、ミュージアムショップ

オホーツク流氷館 流氷ソフトクリーム

 

網走の景色や流氷をモチーフにした様々なグッズを取り揃えたミュージアムショップ、天都山の景色を眺めながら食事ができるレストラン。

 

1階のカフェではオホーツク海の塩を使った塩キャラメル味に、海藻で色付けした青い塩のトッピングが美しい「流氷ソフトクリーム」が大人気。

 

ここでしか食べることができない流氷館限定のソフトクリームなので、ぜひ味わって下さいね。

 

オホーツク流氷館情報

オホーツク流氷館

 

住所:北海道網走市天都山244番地の3

電話:0152-43-5951

料金:大人750円、高校生640円、小・中学生540円

時間:9月~4月 9:00~16:30(最終入館16:00)

駐車場:あり 150台

公式HP:オホーツク流氷館

 

オホーツク流氷

 

流氷を見た後は温泉でゆっくり♪おすすめの宿泊所はこちら!

流氷の織りなす大自然を思う存分堪能したら、冷えた身体を温泉で温めたくなりますよね。そこで網走流氷観光におすすめの宿泊所をご紹介しましょう。

 

・網走湖温泉郷 温泉旅館もとよし

温泉旅館もとよし

住所:北海道網走市呼人74

電話:0152-48-2241

公式HP:温泉旅館もとよし

 

天然温泉、カニやオホーツク地場の素材を使用した会席料理が自慢の温泉旅館です。お部屋は決して広くありませんが、アットホームで行き届いたサービスが気持ち良い、ほっこりできるお宿。

 

・網走 北海ホテル

網走北海ホテル

住所:北海道網走市新町1-1-1

電話:0152-43-2725

公式HP:網走北海ホテル

 

網走駅より徒歩5分、市内中心部網走川のほとりに位置します。夕食が大変に美味しいと評判のホテル。

オーロラ号乗船場まで徒歩圏内で、駅前繁華街もすぐ。アクセス性も抜群です。

 

流氷観光にはどんな服装がいい?

網走 流氷 観光

 

【関連記事】

知床流氷の時期や接岸状況は?流氷ウォークを楽しもう!

札幌雪まつりの日程と時間。雪像の見どころや服装は?

小樽雪あかりの路の日程と見どころ。天狗山花火の時間は?

さっぽろホワイトイルミネーション。点灯式時間や期間。

 

冬の網走はマイナス10度の世界。観光船や列車、建物内は暖房が効きすぎるほど効いていて、ぽかぽかなのですが、外に出るには防寒対策は必須ですね。

風を通さないダウンやスキーウェアなど、暖かな上着の下に着込むなどの厳重装備がおすすめです。帽子、手袋、マフラーも忘れずに、完全防寒スタイルでお出かけ下さい。使い捨てカイロも必需品ですよ。

 

また靴も防水タイプで滑らない靴底のものがベスト。雪でも滑らないブーツは本土ではなかなか手に入りにくいので、思い切って現地購入を考えるのも良いと思います。

 

カメラをお持ちになる方は、バッテリーへの防寒対策も必要です。

 

最近のバッテリーは性能が向上しましたので、肝心な時にカメラが止まることも少なくなりましたが、寒さでバッテリーの消耗が激しいので、予備を必ずお持ち下さいね。

 

その際はポケットなどで、使い捨てカイロで保温しておくと良いと思います。

 

流氷は冬の網走観光の醍醐味。思う存分楽しんで下さいね!